• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2017/02/15

日本の研究室から APOBEC3研究の現状と最前線

髙折晃史

HIV感染症とAIDSの治療 Vol.7 No.2, 54-58, 2016

「Summary」APOBEC3の発見は,抗HIV宿主因子という新たな研究領域を創出した。これらの宿主因子は,それぞれHIVのアクセサリー蛋白により中和されている点も非常に興味深い。当然,これら...

⇒全文を見る

category05.gif category13.gif

2017/02/15

PHOTO QUIZ 抗HIV薬で良好にコントロールされているHIV患者が意識消失を主訴に受診し,精査目的の頭部CT・MRIで頭蓋内病変を指摘された。診断は何か?

坪井基行

HIV感染症とAIDSの治療 Vol.7 No.2, 42-45, 2016

【症例】HIV加療中の21歳,男性同性愛者の症例。主訴:意識消失現病歴:受診1週間前より後頭部から頸部にかけての不快感と眼の疲労感が出現し,その後持続していた。受診当日,入浴後の約2時間の意識消...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/15

ASM Microbe 2016 ASM Microbe 2016 2016年6月16日~20日 ボストン

西島健

HIV感染症とAIDSの治療 Vol.7 No.2, 40-41, 2016

ICAAC(The Interscience Conference on Antimicrobial Agents and Chemotherapy)とASM Meetingが合併して新たな学会として生まれ変わ...

⇒全文を見る

category05.gif category13.gif

2017/02/15

Case Report 両下肢麻痺をきたし,急激な致死的転機を取ったムーコル症合併AIDSの1例

中田浩智/満屋裕明

HIV感染症とAIDSの治療 Vol.7 No.2, 36-39, 2016

「緒言」ムーコルは,腐敗した植物や土壌などの環境中に普遍的に存在する糸状菌である。健常人のムーコル症の発症はきわめて稀で,糖尿病や腎不全,白血病などの免疫不全をきたす基礎疾患をもつ患者に発症する...

⇒全文を見る

category05.gif category13.gif

2017/02/15

Q&A形式 Case Study 1.抗HIV薬を海外出張中に服薬する症例 2.内服アドヒアランスが不良な症例 3.抗HIV薬とサプリメントを併用した症例

菊池嘉/佐藤麻希/増田純一/矢倉裕輝

HIV感染症とAIDSの治療 Vol.7 No.2, 26-35, 2016

ここ十年あまりの間に,抗HIV治療は目覚ましい進歩を遂げた。かつて掌に余るほどの錠剤を1日に何回かに分けて内服していたが,それが数錠で済むようになり,そして今や1日1錠の時代になってきている。し...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/15

診断と治療のTopics HIV感染CKD患者における腎移植 Kidney transplantation in HIV-infected CKD patients

後藤憲彦

HIV感染症とAIDSの治療 Vol.7 No.2, 17-25, 2016

「Summary」抗HIV療法(ART)により,ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染患者の長期生存が可能になった。そのため,ARTによる脂質異常症,糖尿病,高血圧症の増加や,テノホビルジソプロキシ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/15

診断と治療のTopics HIV感染症に伴うC型肝炎 Hepatitis C as a complication of HIV infection

四柳宏

HIV感染症とAIDSの治療 Vol.7 No.2, 13-16, 2016

「Summary」HIV感染症に伴うC型肝炎は特に血液製剤使用者に多くみられ,線維化の進展が速い。これまでの標準療法であったペグインターフェロン+リバビリン併用療法は効果が低かったが,ソホスブビ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/15

座談会(Round Table Discussion) HAND研究は今後どう進むのか ―J-HAND研究を終えて―

岡慎一/坂本麻衣子/木内英/土屋亮人

HIV感染症とAIDSの治療 Vol.7 No.2, 6-12, 2016

岡:HIV感染症治療の進歩によるHIV感染者およびAIDS患者の長期予後の改善に伴い,HIVによる神経毒性を原因とするHIV関連神経認知障害(HIV-associatedneurocognitiv...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/15

専門医に聞く 薬剤関連顎骨壊死とその対策

大澤孝行

HIV感染症とAIDSの治療 Vol.7 No.2, 46-49, 2016

「Summary」昨今,増加傾向にあるビスホスホネート(BP)薬に代表される骨吸収抑制剤に関連した薬剤関連顎骨壊死(MRONJ)について,2014年に米国口腔顎顔面外科学会(AAOMS)より発表...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/11/01

地域のパンデミックプランニング 次の新型インフルエンザ発生に備える!! ─新型インフルエンザの国内発生を想定した研修・訓練─

田辺正樹/齋藤智也/安江智雄

インフルエンザ Vol.17 No.3, 69-74, 2016

次の新型インフルエンザ発生に備え,新型インフルエンザや新感染症を対象とした感染症危機管理のための法律「新型インフルエンザ等対策特別措置法」が平成25年4月に施行された.同年6月,具体的な対応方針...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/11/01

QUESTION & ANSWER(インフルエンザ) 4 価インフルエンザワクチンの有効性と費用対効果について教えてください.

永井英明

インフルエンザ Vol.17 No.3, 25, 2016

2015/2016年シーズンのインフルエンザHAワクチンはA型2株およびB型2株を含む4価ワクチンとなりました.従来のA型株2株,B型株1株の3価ワクチンに,B型株をさらに1株加えたワクチンです...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/11/01

専門家に聞くインフルエンザウイルス講座 第9回 インフルエンザパンデミックとパンデミックワクチン

小澤真/河岡義裕

インフルエンザ Vol.17 No.3, 61-65, 2016

「インフルエンザパンデミック」A型インフルエンザウイルスは,ウイルス粒子表面に突き出した2種類の糖蛋白質の多様な抗原性に基づいて,亜型に分類されます.ウイルス粒子と細胞の結合を担うヘマグルチニン...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/11/01

政策(インフルエンザ) 厚生労働省の新型インフルエンザ対策について

田村大輔

インフルエンザ Vol.17 No.3, 55-60, 2016

H5N1やH7N9鳥インフルエンザウイルス,SARSやMERSなどのヒトへの感染を鑑みると,新興感染症の発生を予知することは困難であり,空港や港などの検疫による水際対策に万全を期しても,ヒトの往...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/11/01

基礎(インフルエンザ) H1N1pdmは,スペインかぜの進化の歴史を繰り返すのか

杉田繁夫

インフルエンザ Vol.17 No.3, 45-54, 2016

2009年にブタインフルエンザウイルス由来のA/H1N1pdmによるパンデミックが起こった.その後,2015/2016冬シーズンまでワクチン株の変更はなくA/California/7/2009株...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/11/01

基礎(インフルエンザ) 香港型インフルエンザウイルスの最近の変異(性状変化)

渡邉真治/藤崎誠一郎/中村一哉

インフルエンザ Vol.17 No.3, 37-44, 2016

香港型(H3N2亜型)インフルエンザウイルスは,1968年の世界的な大流行“香港かぜ”を引き起こして以来,現在まで約50年間,流行の大小はあったものの存続し続けてきた.ヒトでの感染の繰り返しとイ...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/11/01

治療(インフルエンザ) 2014/2015シーズンの流行状況と抗インフルエンザ薬の治療成績

河合直樹/池松秀之/前田哲也/田中治/鵜養宏/川島崇/松浦伸郎/岩城紀男/柏木征三郎

インフルエンザ Vol.17 No.3, 29-35, 2016

2014/2015年シーズンの流行は例年より開始もピークも2週間程度早かった.B型の流行は小さく,大部分がA型であり,A型は前シーズン3年ぶりに流行したH1N1pdm型ではなくほとんどがH3N2...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/11/01

QUESTION & ANSWER(インフルエンザ) 薬局サーベイランス日報とはどのようなシステムですか.

安井良則

インフルエンザ Vol.17 No.3, 28, 2016

薬局サーベイランスとは,全国47カ所に存在している調剤薬局(10,064薬局,全薬局の20.17%)から毎日送られてくる調剤情報を集計し,抗菌薬や抗ウイルス薬の処方箋数からいくつかの感染症の発生...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/11/01

QUESTION & ANSWER(インフルエンザ) 医療機関,高齢者施設などでの院内感染対策のポイントについて教えてください.

石田直

インフルエンザ Vol.17 No.3, 26-27, 2016

入院患者や施設入居者のなかには高齢者や免疫低下患者が数多く含まれ,これらの人たちがインフルエンザに罹患すると重症化しやすく致命率も高くなります.院内や施設内でインフルエンザの感染伝播を防ぐことは...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/11/01

QUESTION & ANSWER(インフルエンザ) インフルエンザワクチンと肺炎球菌ワクチンは同時接種できますか.

渡辺彰

インフルエンザ Vol.17 No.3, 24, 2016

安全性を懸念してのご質問と思われますが,現行の2つのワクチンはいずれも不活化ワクチンですから同時接種は可能であり,実地臨床ではすでに行われています.米国では,この2つのワクチン以外にも数種類の不...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/11/01

Voice of pharmacist かぜ症候群と抗菌薬

堀美智子

インフルエンザ Vol.17 No.3, 19-23, 2016

かぜ症候群の症状を訴えてOTC薬を購入のために来局された方に対して,受診を勧めるべきかOTC薬で様子をみていただいていいか判断するのに,インフルエンザの可能性があるかの検討が必要である.薬剤師は...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す