• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2018/04/06

Theme 新世代の分子標的治療 新世代の分子標的治療 泌尿器科がん・婦人科がん

高橋俊二

がん分子標的治療 Vol.15 No.3, 45-57, 2017

泌尿器科がん,婦人科がんの領域では,分子標的治療の開発が腎細胞がん以外は遅れていたが,最近急速に進んできた。泌尿器科がん領域においては,腎細胞がんにおける新たな血管新生阻害薬や,免疫チェックポイ...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/03/08

学会賞 受賞演題・論文解説 第23回日本排尿機能学会賞 基礎部門 前立腺筋線維芽細胞の経時的変化からみた前立腺肥大症発症メカニズムの解明

秦淳也

排尿障害プラクティス Vol.25 No.1, 83-85, 2017

前立腺肥大症(benign prostatic hyperplasia;BPH)は進行すると,組織の線維化が進むことが知られています。また,前立腺の線維化は,α1遮断薬による効果と負の相関を示すこと...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/03/08

国際学会からの報告 第5回 国際神経泌尿器科学会(INUS 2017) in チューリッヒ フォト・エッセイ

榊原隆次

排尿障害プラクティス Vol.25 No.1, 78-82, 2017

2017年1月25~28日にかけて,スイス,チューリッヒ(英語ではズューリック)において,オーストリアのインスブルック医科大学神経病院泌尿器科Helmut Madesbacher先生を会長,チュー...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/03/08

特集 夜間頻尿のパラダイムシフト 下部尿路機能障害に起因する夜間頻尿の薬物治療update

田中智章/仲谷達也

排尿障害プラクティス Vol.25 No.1, 55-61, 2017

夜間頻尿の要因として,膀胱蓄尿障害をはじめ多尿,夜間多尿,睡眠障害などが複雑に関与している場合が多く,その背景となる疾患を対象とした多元的な対応が必要となることが多い。膀胱蓄尿障害をきたす原因と...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/03/08

特集 夜間頻尿のパラダイムシフト 泌尿器科医が行う診療アルゴリズム

鈴木康之/古田昭/小池祐介/高橋和宏/頴川晋

排尿障害プラクティス Vol.25 No.1, 16-24, 2017

高齢人口の爆発的増加は,排尿障害治療を放置できる病態から対応必須の項目に押し上げた。また,その治療法も,専門施設限定の外科手技から一般医療機関で実施可能な内科的手法へのパラダイムシフトを起こした...

⇒全文を見る

category13.gif category05.gif

2018/03/08

投稿 症例報告 女性近位尿道への転移性腫瘤により膀胱出口部閉塞をきたした再発性悪性リンパ腫の1例

松本有機/平林直樹/矢花由佳/小林則康/西澤理

排尿障害プラクティス Vol.25 No.1, 94-96, 2017

53歳,女性。3年前に悪性リンパ腫の既往があり,化学療法にて完全奏効が得られていた。1週間前からの排尿困難を主訴として当院泌尿器科を受診した。膀胱鏡検査にて,膀胱頸部の12時方向を中心に膀胱内へ...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/03/08

特別寄稿 下部尿路症状と動脈硬化:PDE5阻害薬と血管内皮機能

東幸仁

排尿障害プラクティス Vol.25 No.1, 86-93, 2017

Lower urinary tract symptoms(LUTS)は,加齢にともない有病率が増加する。LUTSは全身の動脈硬化の一表現型と捉えることもできる。LUTSの存在は心血管合併症の独立した危...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/03/08

Cutting Edge 国際学会賞 ICS2016 PRIZE AWARD:Best Non-Clinical Abstract Award 「Inflammatory infiltrates specific to Hunner type interstitial cystitis」

秋山佳之

排尿障害プラクティス Vol.25 No.1, 70-76, 2017

「今日は,本郷三丁目の交差点でX先生にばったり出くわしたよ」私の妻は,知人にどこかで偶然出くわすことが多いのだという。およそ一月に一遍はこのような会話を彼女と交わす。「それって,当人同士が気づく...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/03/08

特集 夜間頻尿のパラダイムシフト 夜間頻尿における行動療法

小川輝之/皆川倫範/石塚修

排尿障害プラクティス Vol.25 No.1, 62-68, 2017

夜間頻尿における生活指導・行動療法は,低侵襲性と経済性を考慮してまず勧められる治療の1つである。適切な飲水量,排便のコントロール,肥満の治療,骨盤底筋体操などの行動療法は,頻尿や尿失禁に対して有...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/03/08

特集 夜間頻尿のパラダイムシフト 夜間頻尿と睡眠障害:泌尿器科医の知っておくべき診断と治療(睡眠時無呼吸を含む)

鈴木真由美

排尿障害プラクティス Vol.25 No.1, 47-54, 2017

夜間頻尿との関与が知られている睡眠障害には,不眠症,うつ病による不眠,睡眠時無呼吸症候群(sleep apnea syndrome;SAS),むずむず脚症候群,周期性四肢運動障害がある。SASでは,...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/03/08

特集 夜間頻尿のパラダイムシフト 夜間頻尿とメタボリックシンドローム

青木芳隆

排尿障害プラクティス Vol.25 No.1, 41-46, 2017

下部尿路症状の中で最も煩わしい症状の1つである夜間頻尿は,メタボリックシンドローム,あるいはその構成要素である肥満,高血圧,高血糖などと関連する。夜間頻尿の治療は難渋することも多い一方で,自然寛...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/03/08

特集 夜間頻尿のパラダイムシフト 夜間頻尿とQOL

吉田正貴/西井久枝/野宮正範

排尿障害プラクティス Vol.25 No.1, 32-40, 2017

夜間頻尿はさまざまな下部尿路症状のなかで生活の質(quality of life ; QOL)に対する支障度の高い症状であり,日常生活の種々の活動に支障を及ぼす。そのため,夜間頻尿にともなうQOLを適切...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/03/08

特集 夜間頻尿のパラダイムシフト 夜間頻尿の病態:夜間多尿の視点から

大石充

排尿障害プラクティス Vol.25 No.1, 25-31, 2017

食塩感受性高血圧患者が食塩摂取過多となると食塩を排泄するために夜間高血圧を呈することがGuytonの圧-ナトリウム利尿曲線から導き出せる。事実,食塩感受性高血圧患者に高食塩食を摂取してもらうと夜...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/03/08

特集 夜間頻尿のパラダイムシフト 特集に寄せて

後藤百万

排尿障害プラクティス Vol.25 No.1, 15, 2017

夜間頻尿は,わが国の疫学調査によれば40歳以上の男女の69%,約4,500万人が罹患する極めて頻度の高いもので,日常の泌尿器科外来診療においても最も多くみられる愁訴の1つです。また,高齢者では,...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/03/08

Office Urologistsへのアンケート Office urologyでの夜間頻尿診療

後藤百万

排尿障害プラクティス Vol.25 No.1, 6-13, 2017

夜間頻尿は下部尿路症状のなかで最も頻度の高い症状で,困窮度も高いことが疫学調査により示されています。また,夜間頻尿の病態は多彩で,泌尿器科疾患による下部尿路機能障害以外に,多尿,夜間多尿,あるい...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/25

特集 SGLT2阻害薬の光と影 Ⅱ SGLT2阻害薬の臨床効果“影の部分” ④尿路・性器感染症について

髙池浩子/内潟安子

Diabetes Frontier Vol.27 No.6, 738-742, 2016

糖尿病は一般的に高血糖の持続により免疫力が低下する易感染性であり,感染症が重症化しやすい。特に尿路と性器周囲は直接尿糖に曝される部位であるため,細菌や真菌が付着して増殖しやすい環境1)といえる。...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/09

特集 妊孕性温存 各種がんと生殖機能温存 (4)泌尿生殖器がん

岡田弘/鈴木啓介/慎武/宮田あかね

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.23 No.4, 53-58, 2016

集学的治療により,泌尿生殖器がん患者の治癒率は飛躍的に向上した。これに伴い,生活の質向上のために妊孕性温存の重要性が増している。泌尿生殖器がん患者に対する妊孕性温存に関して,性機能障害と精子温存...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/21

Office Urologistsへのアンケート 3剤以上のmale LUTS治療関連薬物処方に関する意識調査

舛森直哉

排尿障害プラクティス Vol.24 No.2, 6-13, 2016

Male LUTSの薬物療法として, α1遮断薬,PDE5阻害薬,5 α還元酵素阻害薬(抗アンドロゲン薬),抗コリン薬, β3作動薬などが使用されます。 α1遮断薬+...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/21

特集 Male LUTSの薬物治療 α₁遮断薬の使い分けは可能か?

秦淳也/星誠二/赤井畑秀則/小島祥敬

排尿障害プラクティス Vol.24 No.2, 30-35, 2016

前立腺肥大症に対する薬物治療の第一選択はα1遮断薬である。しかし,効果や副作用に個人差があることは,臨床上しばしば経験する。その背景には,α1遮断薬のサブタイプ選択性と,患者...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/21

特集 Male LUTSの薬物治療 植物製剤・漢方薬が果たす役割とは?

山岸梓/石塚修

排尿障害プラクティス Vol.24 No.2, 51-58, 2016

下部尿路症状(lower urinary tract symptoms ; LUTS)の症状は多彩である。前立腺肥大症(benign prostate hyperplasia;BPH),過活動膀胱(over a...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す