• Webマガジン 検索結果

検索結果

category05.gif category13.gif

2017/09/11

治療とケア―症例から考える― 音楽誘発発作を呈した成人男性

池田仁

Epilepsy Vol.11 No.1, 26-30, 2017

年齢,性別31歳,男性.既往歴27歳時に脳炎に罹患.後遺症として,てんかんと高次脳機能障害.家族歴特記事項なし.現病歴27歳時脳炎に罹患後,症候性部分てんかんがある.脳炎の亜急性期に,頭皮上脳波...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

FORUM ①第50回日本てんかん学会学術集会:メディカルスタッフセッション(JEPICAコラボセッション) てんかん診療における多職種の人材育成

Epilepsy Vol.11 No.1, 35-41, 2017

1. 院内認定てんかん専門医療者制度と育成/杵渕絵美2. てんかん看護における中堅看護師育成の現状と課題~現場で学び育てること/山口規公美3. 脳波技師の育成/神一敬/中里信和4. 言語聴覚士の育成/漆...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

てんかんからみる人物の横顔~異論異説のてんかん史~ 第21回 シェークスピアが描いたてんかん

松浦雅人

Epilepsy Vol.11 No.1, 49-53, 2017

シェークスピアの戯曲は,人並み外れた観察眼と鋭い洞察力により人物が生き生きと描かれ,現在なお多くの人々に感動を与えている.いくつかの戯曲の中で描かれているてんかんのある人やてんかん発作については...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

てんかん余話 ②島薗安雄

小島卓也

Epilepsy Vol.11 No.1, 56-58, 2017

島薗安雄先生は,76年間の生涯で実にたくさんの仕事をなさった.先生は,国立精神・神経センターの開設,精神保健法の制定,研究所の創設,学会の創設と育成,国際学会の開催,精神保健活動などさまざまな重...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

てんかん余話 ①佐野圭司

間中信也

Epilepsy Vol.11 No.1, 54-55, 2017

佐野圭司(1920年6月30日~2011年1月6日)は,静岡県富士宮市の出身で,1945年に東京大学を卒業後,第一外科に入局した1).1962年(昭和37年)に脳神経外科学講座初代教授に任ぜられ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

FORUM ②第50回日本てんかん学会学術集会 シンポジウム関連講演「てんかんと雇用」(Rupprecht Thorbecke先生)聴講記

中岡健太郎

Epilepsy Vol.11 No.1, 43-48, 2017

2016年10月9日,第50回日本てんかん学会学術総会(静岡)で行われたRupprecht Thorbecke先生によるてんかんと雇用についての講演を拝聴する機会に恵まれた.Thorbecke先生...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

てんかん臨床の窓から てんかんのある人が利用しやすいグループホーム

田所裕二

Epilepsy Vol.11 No.1, 32-34, 2017

てんかんがあっても安心して地域で暮らすための社会資源として,グループホームがあります.障害のある人や高齢の人を対象として,世話人などによる居宅支援や共同生活援助を目的に,地域のアパート,マンショ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

診断と治療(Epilepsy) 小児の非けいれん性てんかん重積状態

大塚頌子

Epilepsy Vol.11 No.1, 19-25, 2017

非けいれん性てんかん重積状態(nonconvulsive status epilepticus;NCSE)は診断が難しいことが多く見過ごされやすい.また成人と小児では相違点がある1-4).本稿では小...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

Special Articles(Epilepsy) ②てんかんとリカバリー

浪久悠/坂田増弘/大島真弓/渡辺雅子/平林直次

Epilepsy Vol.11 No.1, 13-18, 2017

2015年5月20日,世界保健機関(WHO)総会において,今後10 年間にわたり,てんかんの啓発,臨床,研究,創薬など,世界的な課題としててんかん対策に取り組んでいくという歴史的な決議がなされた....

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

Special Articles(Epilepsy) ①皮質機能マッピングの実際のやり方

國枝武治

Epilepsy Vol.11 No.1, 7-12, 2017

Pierre Paul Broca(1824-1880)は,発語障害を示す患者の剖検脳を検討することで,運動性失語の原因領域を左前頭葉後腹側領域に求めた.そして,1871年,その研究成果を脳膿瘍の摘...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

目でみるてんかん Stereo-EEGの進歩

江夏怜

Epilepsy Vol.11 No.1, 4-6, 2017

頭蓋内電極による侵襲的モニタリングは,脳機能領域ならびにてんかん原性領域を正確に同定する必要があるときに適応となるが,この方法には2通りの方法がある.日本や北米の主なてんかんセンターにおいて主流...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

Basic & Clinical Topics [臨床②]日本人高齢者における糖尿病と海馬萎縮の関連~久山町研究~

五十川陽洋

DIABETES UPDATE Vol.6 No.2, 24-25, 2017

認知症,中でもアルツハイマー病は,世界的にも日本国内でも増加してきている。しかしその発症メカニズムや治療法は十分には解明されておらず,発症予防のために危険因子を同定する必要がある。糖尿病がアルツ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/07

Special Article 総説 メカノトランスダクションと触覚性疼痛

池田亮

Locomotive Pain Frontier Vol.6 No.1, 20-24, 2017

やさしい触刺激が耐え難い激痛になる触覚性疼痛は,神経障害で生じる難治性疼痛の一つであり,いまだ効果的な治療法は確立されていない。新たな治療法を模索する上で,疼痛を惹起させる触覚検出機構に注目する...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/28

特集 迫る超高齢社会の糖尿病医療を考える 高齢者の糖尿病における神経障害の評価と治療

姫野龍仁/中村二郎

Diabetes Frontier Vol.28 No.1, 52-57, 2017

糖尿病多発神経障害(diabetic polyneuropathy:DPN)は,糖尿病罹病期間がリスク因子の1つであることより,高年齢層において,その有病率が増加する。英国における統計では,20歳...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/28

特集 迫る超高齢社会の糖尿病医療を考える 高齢糖尿病におけるフレイル・要介護と認知症

櫻井孝

Diabetes Frontier Vol.28 No.1, 32-39, 2017

高齢者糖尿病が増加している。50歳を超えると増え始め,70歳以上では男性の4人に1人,女性の6人に1人が糖尿病と推計される。わが国における寝たきりの要因として,脳卒中,認知症,加齢による衰弱(フ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/22

座談会(Round Table Discussion) 糖尿病と神経障害(病態から治療まで)

中村二郎/八木橋操六/佐々木秀行/西尾善彦

DIABETES UPDATE Vol.5 No.4, 4-12, 2016

糖尿病患者を診療する際には,重要な合併症のひとつである神経障害の有無や病期について診断する必要がありますが,国際的なコンセンサスに基づく診断基準や病期分類は存在せず,神経障害についてはその症状や...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/02

特集 女性の痛み 3. 片頭痛

渡邉由佳/五十嵐久佳

WHITE Vol.4 No.2, 27-32, 2016

片頭痛は一次性頭痛(機能性頭痛)の代表的疾患であり,有病率が高い,いわゆるcommon diseaseである.片頭痛は,ときに重度で,動くことがつらく寝込むこともあり,仕事や学業・家事への日常生活...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/13

特集 画像からみたアンチエイジング 脳の加齢を画像で診る

山田惠

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.1, 20-26, 2017

超高齢社会を迎えるわが国において,認知症をはじめとする脳疾患は重大な社会の関心事項である。脳の加齢はQOL(生活の質)に直結するため,多くの読者が「我が事」として興味をもつ領域であろう。筆者は中...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/12

特集 エピジェネティクスとアンチエイジング 神経変性疾患とエピジェネティクス

間野達雄/岩田淳

アンチ・エイジング医学 Vol.12 No.6, 48-54, 2016

2003年にヒトゲノムプロジェクトが完了してから特に脚光を浴びるようになったエピゲノムであるが,エピゲノムという概念そのものの歴史は古く,1942年にWaddingtonが提唱したことに端を発し...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/11

Psychiatric Lecture 成因・危険因子 難治てんかんの成因と治療 ―小児例を中心に―

遠山潤

精神科臨床 Legato Vol.3 No.1, 20-24, 2017

―てんかんとはどのような疾患なのか教えてください。国際抗てんかん連盟(ILAE)では,てんかんとは「てんかん発作は,脳の過剰なもしくは同期した,異常神経活動に基づく一過性の徴候・症状である。てん...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す