• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2017/08/18

Learn more from previous clinical trial ENDEAVOR試験

花村一朗/飯田真介

がん分子標的治療 Vol.14 No.4, 130-133, 2016

多発性骨髄腫(multiple myeloma;MM)は,高齢者に多い形質細胞性腫瘍で,貧血や腎障害,溶骨性変化など多彩な症状を呈する難治性の造血器腫瘍である。日本では,新規発症者数年間約8千人と...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/18

Theme 新しいチロシンキナーゼ阻害薬 各臓器がんに対する新しいチロシンキナーゼ阻害薬 原発性骨髄線維症,甲状腺がん

垣内誠司/南博信

がん分子標的治療 Vol.14 No.3, 22-26, 2016

これまで,原発性骨髄線維症(PMF)に対する治療は,移植適応があれば同種造血幹細胞移植による根治を目指せるものの,移植適応外となればハイドロキシウレアや輸血などの対症療法に限られていた。また,甲...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/18

Theme 新しいチロシンキナーゼ阻害薬 各臓器がんに対する新しいチロシンキナーゼ阻害薬 造血器腫瘍(CML,CLL,その他)

谷口康博/松村到

がん分子標的治療 Vol.14 No.3, 16-21, 2016

さまざまながん種でdriver oncogene が発見され,その変異であるdriver mutationが治療標的として重要視されている。Driver mutation に伴うチロシンキナーゼの恒常的活...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/18

News and Topics 第21回欧州血液学会議(EHA 2016)

木崎昌弘

がん分子標的治療 Vol.14 No.3, 81-82, 2016

第21回欧州血液学会議(EHA 2016)は,2016年6月9日より12日まで,日本でもおなじみの,骨髄増殖性腫瘍の分子病態解析研究の先駆者であるTony Green教授を会長とし,ホジキンリンパ腫...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/18

Learn more from previous clinical trial 急性骨髄性白血病(AML)におけるFLT3阻害薬:RATIFY 試験

足立佳也/清井仁

がん分子標的治療 Vol.14 No.3, 69-72, 2016

チロシンキナーゼは細胞の増殖・生存・分化を制御する重要なシグナル伝達機構に関与しており,その活性型変異や過剰発現は多くの悪性腫瘍細胞において認められる。そのためチロシンキナーゼは有力な治療標的と...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/18

Theme 新しいチロシンキナーゼ阻害薬 (座談会)チロシンキナーゼ阻害の耐性克服

中川和彦/南陽介/岡本勇/片山量平

がん分子標的治療 Vol.14 No.3, 46-52, 2016

チロシンキナーゼ阻害薬(TKI)が登場し,さまざまながん種において治療成績の向上が認められるようになった。なかでも血液がんにおいては,BCR-ABL阻害薬であるイマチニブの導入により飛躍的な生存...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/09

特集 妊孕性温存 各種がんと生殖機能温存 (5)血液腫瘍

神田善伸

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.23 No.4, 59-64, 2016

血液腫瘍は再生産年齢の若年者にもしばしば発症する悪性腫瘍であり,化学療法や放射線治療による性腺障害が問題となる。造血器腫瘍に対する通常の化学療法後は性腺機能回復がみられることも多いが,造血幹細胞...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/07

私の研究―My Research― 第13回 血小板造血の謎を追って

石田陽治

Angiology Frontier Vol.15 No.3, 58-62, 2016

造血と造血刺激因子の研究が盛んになったのは,1970年代頃からである。熊本大学の宮家隆次先生らのグループが,1977年の『Journal of Biological Chemistry』に再生不良性貧...

⇒全文を見る

category13.gif category05.gif

2017/06/29

Case Study 症例検討 多発性骨髄腫の疼痛治療

大谷太郎/山口重樹/濱口眞輔

Locomotive Pain Frontier Vol.5 No.2, 30-33, 2016

多発性骨髄腫は形質細胞ががん化して異常増殖し,骨や腎臓などの臓器,免疫系や血液系細胞の機能を障害することによってさまざまな症状を引き起こす疾患である。従来から病期分類として用いられてきたDuri...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/28

FORUM 内科医・小児科医のための身体機能評価ワークショップ

岸本磨由子

Frontiers in Haemophilia Vol.4 No.1, 48-51, 2017

「内科医・小児科医のための身体機能評価ワークショップ」はノボ ノルディスク ファーマ株式会社主催により2015年より開催され,今回で2回目を迎えた.内容はその題目の通り,普段身体機能評価を自分で行う...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/28

Event Report WFH2016

松本剛史

Frontiers in Haemophilia Vol.4 No.1, 44-47, 2017

2016年7月24~28日,米国フロリダ州・オーランドに125カ国以上から5,500名以上が集まり,世界血友病連盟(World Federation of Hemophilia;WFH)の世界会議が開...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/28

未来の達人 若手Drに聞く! 1人ひとりの患者さんと向き合うテーラーメイドな血友病診療

八牧愉二

Frontiers in Haemophilia Vol.4 No.1, 38-43, 2017

高校時代,私は「人のためになる仕事がしたい」という思いから研究者を目指し,生物科に進学しました.そのまま大学院に進んだものの,基礎研究を続けるうちに「自分だけの世界になっていないか」,「本当に人...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/28

より良いコミュニケーション講座 連載:臨床心理士によるトランジション期の課題解決 第2回 トランジション期の患者とのコミュニケーション~思春期・青年期血友病患者の心理発達への理解~

紅林洋子

Frontiers in Haemophilia Vol.4 No.1, 35-37, 2017

小児科から内科への移行期医療の課題のひとつに,患者自身が自分の病気を十分に理解し,主体的に自分の健康を管理する力を育てることが挙げられ,そのための医師―患者間のコミュニケーションの重要性が強調さ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/28

一般血液内科医向けQ&A 後天性血友病の免疫抑制療法について教えてください

德川多津子

Frontiers in Haemophilia Vol.4 No.1, 33-34, 2017

後天性血友病は,凝固因子に対する自己抗体(インヒビター) によって,皮下出血や筋肉内出血,処置後の止血困難などをきたす疾患で,時に重篤な出血を合併し死に至ることがある.おもに高齢者に発症するが,女...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/28

一般血液内科医向けQ&A 血液凝固因子のPK測定について教えてください

兼松毅/松下正

Frontiers in Haemophilia Vol.4 No.1, 31-32, 2017

血液凝固因子濃縮製剤による治療の進歩に伴い,血友病患者の予後は飛躍的に向上した.今日では,スポーツなどを含む社会参加機会の増加など,さらなるQOL向上を目指し,定期補充療法の個別化が求められるよ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/28

血友病最前線 【臨床】半減期延長製剤

鈴木伸明

Frontiers in Haemophilia Vol.4 No.1, 25-29, 2017

血友病製剤の開発トレンドが作用時間の延長にあることに疑いの余地はなく,各社が作用時間の延長を目指した新規製剤の開発にさまざまなアプローチ法で取り組んでいる.現段階では,いずれも血液凝固第Ⅷ因子(...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/28

血友病最前線 【基礎】細胞シート工学を用いた血友病新規治療

辰巳公平/大橋一夫

Frontiers in Haemophilia Vol.4 No.1, 19-24, 2017

血友病は,血液凝固第VIII因子(FⅧ)または第Ⅸ因子(FⅨ)の遺伝子異常に起因する遺伝性の先天性出血性疾患である.濃縮凝固因子製剤による補充療法の発展により血友病患者のQOLは飛躍的に向上した...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/28

座談会 血友病とエイジング

西田恭治/澤田暁宏/長尾梓/岡本学/関義信

Frontiers in Haemophilia Vol.4 No.1, 6-17, 2017

西田:1970年代までは血友病患者さんは成人することも困難でしたが,1980年代以降の血液凝固因子製剤の普及・進歩により,血友病領域でもエイジングが話題になる時代を迎えました.もちろんこれは先進...

⇒全文を見る

category05.gif category13.gif

2017/06/27

症例解説(Frontiers in Haemophilia) 症例② 退職後の身体機能低下に対して,エイジングケア目的の入院でリハビリテーションを行った症例

柳田亜維/德川多津子

Frontiers in Haemophilia Vol.3 No.2, 46-47, 2016

67歳 男性:インヒビター保有血友病A.17歳時に中等症血友病A(第Ⅷ因子活性〔FⅧ:C〕2.2%)と診断され,その後は血液凝固第Ⅷ因子(FⅧ)製剤によるオンデマンド療法を受けていた.55歳時に...

⇒全文を見る

category05.gif category13.gif

2017/06/27

症例解説(Frontiers in Haemophilia) 症例① 長期にCVポートを使用後,入れ替えたインヒビター症例

鈴木隆史

Frontiers in Haemophilia Vol.3 No.2, 44-45, 2016

40歳代 男性:出生直後からの出血傾向で2歳時に重症血友病Aと診断.血漿由来第Ⅷ因子製剤(pdFⅧ)によるオンデマンドにて止血管理されていたが,3歳時にインヒビター陽性が判明した.以降はプロトロ...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す