• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2016/10/26

Appeal to eye FGF23 第2回 FGF23と疾患 FGF23 and various diseases

福本誠二

O.li.v.e.―骨代謝と生活習慣病の連関― Vol.6 No.3, 52-54, 2016

「はじめに」線維芽細胞増殖因子23(fibroblast growth factor 23;FGF23)は,腫瘍性骨軟化症(tumor-induced osteomalacia;TIO)などの発症に関与...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/26

Learn more 研究者インタビュー CKD患者における副甲状腺機能・骨量減少と血管石灰化,生命予後

奥野仙二/稲葉雅章/唐橋ユミ

O.li.v.e.―骨代謝と生活習慣病の連関― Vol.6 No.3, 34-41, 2016

「血清リン濃度が高いほど進行する腎機能障害」唐橋:骨と腎臓の関係については,これまでも本誌で取り上げ,腎機能の低下,慢性腎臓病(chronic kidney disease;CKD)は骨量減少,骨折...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/26

座談会(Round Table Discussion) 『O.li.v.e.』創刊5周年記念座談会

太田博明/稲葉雅章/倉林正彦/杉本利嗣/田中栄/山岸昌一

O.li.v.e.―骨代謝と生活習慣病の連関― Vol.6 No.3, 6-14, 2016

「骨リモデリングの制御に重要な働きをしている骨細胞」太田:骨代謝と生活習慣病の連関を,多面的な視点から捉えることをコンセプトとした『O.li.v.e.(Osteo Lipid Vascular & En...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/25

特集 高血圧を再考する:注目点とこれからの診療 高血圧のカテーテル・デバイス治療の現状と未来

廣岡良隆

Pharma Medica Vol.34 No.8, 47-52, 2016

「はじめに」優れた降圧薬の開発によって克服されたかにみえた高血圧治療であるが,その実態はいまだ不十分であり,心血管病による死亡の約50%に高血圧が関わっている。適切な薬物治療を受けていない人も含...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/25

特集 高血圧を再考する:注目点とこれからの診療 認知症高齢者の高血圧診療の実際

小原克彦

Pharma Medica Vol.34 No.8, 43-46, 2016

「はじめに」高血圧と軽度認知機能障害(mild cognitive impairment;MCI),認知症の関係に関しては,中年期の高血圧が高齢期の認知機能低下のリスクとなることが示されており,中年...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/25

特集 高血圧を再考する:注目点とこれからの診療 新たな血圧変動指標による降圧目標の確立

今泉悠希/星出聡/苅尾七臣

Pharma Medica Vol.34 No.8, 31-36, 2016

「はじめに」心血管疾患の最大のリスクファクターは高血圧である。これまで高血圧の診断には安静時に複数回測定した血圧の平均値を用いてきた。各国の高血圧診療ガイドラインでも,高血圧の診断と治療は血圧レ...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/25

特集 高血圧を再考する:注目点とこれからの診療 内分泌性高血圧の現在と未来

市原淳弘

Pharma Medica Vol.34 No.8, 37-41, 2016

「はじめに」地球上に生物が誕生し複数の臓器をもった哺乳動物に進化する過程で,生物には循環器系が備わった。生物を構成する1つひとつの細胞がその生命を維持するには,全身に満遍なく酸素と栄養を届けると...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/16

特集 血栓性微小血管症(TMA) 8.STEC-HUS(志賀毒素産生大腸菌による溶血性尿毒症症候群)

芦田明/玉井浩

血栓と循環 Vol.24 No.1, 43-47, 2016

「論文のポイント」[1]STECの頻度・疫学:わが国では年間3,000~4,000例の感染症例が発生し,そのうち100例前後がHUSを発症する.血清型は感染症例で約60%,HUS症例で約80%が...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/16

特集 血栓性微小血管症(TMA) 6.aHUS(非典型溶血性尿毒症症候群)の臨床

加藤秀樹/藤澤まどか/吉田瑶子/南学正臣

血栓と循環 Vol.24 No.1, 30-33, 2016

「論文のポイント」[1]非典型溶血性尿毒症症候群は血小板減少,溶血性貧血,急性腎障害を3徴とし,末期腎不全に至る重篤な疾患である.[2]近年,補体関連遺伝子の異常による補体第二経路の異常活性化が...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/16

特集 血栓性微小血管症(TMA) 5.先天性TTP(血栓性血小板減少性紫斑病)の臨床

八木秀男

血栓と循環 Vol.24 No.1, 25-29, 2016

「論文のポイント」[1]先天性TTPはADAMTS13遺伝子異常によってTTPを発症する疾患であり,その臨床症状は軽症かつ進行が緩徐であるため,原因不明の血小板減少が認められた場合には本症例の可...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/08/25

特集 透析患者の体液管理 特集にあたって

飯野靖彦

Fluid Management Renaissance Vol.6 No.3, 6, 2016

日本の透析患者数はすでに32万人を超えている。わが国の人口の約400人に1人が透析療法を受けていることになる。したがって,一般医家も外来診療や入院診療において糖尿病や高血圧などの合併症がある透析...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/08/25

誌上ディベート 心不全における高尿酸血症は是正すべきか 積極的な立場から

田中敦史/野出孝一

Fluid Management Renaissance Vol.6 No.3, 77-84, 2016

「はじめに」心不全症例では高尿酸血症を合併している頻度が高く,これまでに多くの研究で高尿酸血症が慢性心不全の独立した予後予測因子であることが明らかとなっている。その病態メカニズムの中心には,尿酸...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/08/25

目からウロコ―水と電解質 第21回 在宅医療の盲点:低Na血症を見逃さないために

石橋賢一

Fluid Management Renaissance Vol.6 No.3, 91-93, 2016

高齢化社会になって低Na血症が増加しています。その症状は発症速度とNa低下の程度によりますが,軽度の虚脱感・疲労感・頭痛・悪心・食思不振(2日酔いの症状!)から精神錯乱(認知症と誤診!),痙攣,...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/08/25

誌上ディベート 心不全における高尿酸血症は是正すべきか 消極的な立場から

荻野和秀/久留一郎

Fluid Management Renaissance Vol.6 No.3, 85-90, 2016

「はじめに」高尿酸血症は心不全患者にしばしば認められる合併症であり,心不全患者の運動耐容能,末梢循環不全,炎症マーカー,左室拡張機能などと関連している1)-3)。さらに,血清尿酸値は心不全患者の...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/08/25

Selected Papers(循環器領域) 急性非代償性心不全における利尿反応性 Diuretic response in patients with acute decompensated heart failure : characteristics and clinical outcome - an analysis from RELAX-AHF. Voors AA, Davison BA, Teerlink JR, et al ; RELAX-AHF Investigators. Eur J Heart Fail. 2014 ; 16 : 1230-40

田中正史

Fluid Management Renaissance Vol.6 No.3, 73-74, 2016

「要約」1.背景急性心不全における院内死亡率や退院後の予後,再入院率を規定する因子はさまざまな試験で検討されてきたが,依然として適切な因子は示されていない。急性心不全の体液貯留改善の治療において...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/08/25

特集 透析患者の体液管理 肝不全合併透析患者の体液管理 Fluid management in cirrhotic patients with endstage renal disease

小宮山泰之/中西裕之/黒崎雅之/泉並木

Fluid Management Renaissance Vol.6 No.3, 52-58, 2016

「Summary」肝硬変の循環動態は,門脈圧亢進と全身の循環亢進状態が特徴的である。全身循環は亢進しているが末梢血管は慢性的に拡張した状態であり,相対的に有効循環血液量は低下した状態にある。門脈...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/08/25

特集 透析患者の体液管理 心不全合併透析患者の体液管理 Fluid management in dialysis patients with heart failure

小川哲也/佐倉宏/新田孝作

Fluid Management Renaissance Vol.6 No.3, 45-51, 2016

「Summary」慢性透析患者における死因の第1位は心不全であり,全体のおよそ25%を占めている。透析中のくり返す低血圧発作や透析中の血圧低下による除水困難が原因でドライウェイト(DW)達成不可...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/08/25

特集 透析患者の体液管理 透析患者のCa・P代謝とその管理 The dysregulation of Ca/P metabolism in dialysis patients: optimum management

加藤徳介/猪口貴子/秋澤忠男

Fluid Management Renaissance Vol.6 No.3, 38-44, 2016

「Summary」生体のCa・P代謝の恒常性は,腎臓・腸管・骨・副甲状腺などの標的臓器を介して,副甲状腺ホルモン(PTH),ビタミンD(VitD),線維芽細胞増殖因子(FGF)23などの液性因子...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/08/25

特集 透析患者の体液管理 透析患者のK代謝とその管理 Potassium metabolism and management of dialysis patients

町田慎治/松井勝臣/柴垣有吾

Fluid Management Renaissance Vol.6 No.3, 30-37, 2016

「Summary」1日に食事で摂取し細胞外液に流入するKの量は約1~2mEq/kgであるが,それがそのまま細胞外液中に残存し,細胞外K濃度(血清K値)の上昇として表れることはない。なぜなら,急性...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/08/25

特集 透析患者の体液管理 透析患者におけるNa代謝とその管理 Sodium metabolism in the patients on dialysis therapy and its management

林松彦

Fluid Management Renaissance Vol.6 No.3, 27-29, 2016

「Summary」透析患者でのNa代謝は,Na排泄の大半が透析療法に委ねられている点が腎機能が保たれている患者と異なる。したがって,蓄積したNaと水を透析で除去することが基本となり,摂取量も透析...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す