• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2017/09/12

最新文献紹介 腎提供者の痛風:マッチングコホート研究

本城保菜美/菅野義彦

高尿酸血症と痛風 Vol.24 No.2, 100, 2016

Lam MN, McArthur E, Kim SJ, et al;Donor Nephrectomy Outcomes Research( DONOR) Network. Gout after living kidney do...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/12

特集 高尿酸血症・痛風の疫学における最近の話題 5.血清尿酸値と各病態との関連 1)CKD

長岡由女/菅野義彦

高尿酸血症と痛風 Vol.24 No.2, 36-40, 2016

高尿酸血症の発症や進展は尿酸の排泄器官である腎臓の機能障害と関連することは理屈の上でも理解しやすい。しかしながら,この簡単な理屈を実臨床で証明するのは簡単なことではなく,データの上では賛否両論で...

⇒全文を見る

category13.gif category05.gif

2017/09/12

症例検討 症例を読む 第42回 CKDおよび心筋症を合併した高尿酸血症に対しフェブキソスタットが有効であった1例

角谷美樹/山本徹也

高尿酸血症と痛風 Vol.24 No.2, 93-96, 2016

高尿酸血症は腎障害患者および心不全患者にしばしば認められる合併症であり,腎障害,心不全の発症および予後悪化因子であることが知られている。また,血清尿酸値の適切なコントロールにより腎障害の進展が抑...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

FORUM 第20回日本病態栄養学会年次学術集会シンポジウム⑤ 「腎臓病と栄養の最前線」

DIABETES UPDATE Vol.6 No.2, 48-53, 2017

近年,“Healthy Diet”という概念が慢性腎臓病(CKD)の領域でも広がりつつある。そのような背景もあり,これまでのカリウムや蛋白質などの「制限食」から,個々の患者における「健康維持への食...

⇒全文を見る

category05.gif category13.gif

2017/08/28

投稿論文 リラグルチドの腎保護作用に関する検討

井田健一/池田弘毅

Diabetes Frontier Vol.28 No.1, 97-102, 2017

eGFR軽度低下(30~60mL/min/1.73m2)または顕性尿蛋白(随時尿で尿蛋白0.5g/g・Cr以上)を認める2型糖尿病患者40例にリラグルチドを投与し,非投与症例40例との経過を比較...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/28

特集 迫る超高齢社会の糖尿病医療を考える 高齢者糖尿病における腎機能低下の病態と対策

平井太郎/金崎啓造

Diabetes Frontier Vol.28 No.1, 45-51, 2017

高齢者糖尿病患者は増加の一途をたどっている。2016年5月には日本糖尿病学会と日本老年医学会が合同で高齢者糖尿病の血糖コントロール目標について新たな指針1)を示すなど高齢者糖尿病の治療には改めて...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/28

総説 全国で進める糖尿病性腎症重症化予防プログラム

津下一代

Diabetes Frontier Vol.28 No.1, 17-29, 2017

糖尿病性腎症は新規透析導入の原因疾患の第1位であり,患者本人のQOL低下だけでなく,医療費増大をもたらすことから,社会的にも重症化予防に対する要求が高まっている。2015年7月,健康寿命の延伸と...

⇒全文を見る

category05.gif category13.gif

2017/08/25

投稿論文 DPP-4阻害薬の腎保護作用は薬剤による違いはあるか? ~DPP-4阻害薬の変更による腎機能への影響~

廣田則彦

Diabetes Frontier Vol.27 No.6, 787-793, 2016

DPP-4阻害薬で報告されている腎保護作用の薬剤の違いによる臨床的影響は不明である。服薬利便性の観点からDPP-4阻害薬を1日1回投与の製剤から週1回投与の製剤に変更した症例を対象として腎機能へ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/23

SGLT・レッスン SGLT2阻害薬が腎に及ぼす影響の可能性

金﨑啓造/古家大祐

DIABETES UPDATE Vol.6 No.1, 36-42, 2017

ナトリウム/グルコース共輸送体2(sodium/glucose cotransporter 2;SGLT2)は腎臓近位尿細管のS1およびS2セグメントに局在し,糸球体から濾過されたグルコースを再吸収...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/22

FORUM 第59回日本糖尿病学会年次学術集会 JDS/EASD合同 The 5th East & West Forum 「Kidney Disease in Diabetes」

DIABETES UPDATE Vol.5 No.4, 42-47, 2016

日本糖尿病学会(JDS)と欧州糖尿病学会(EASD)が合同で主催するEast-Westフォーラムは,本年(2016年)で第5回目の開催を迎えた。日本人と欧米人では糖尿病の病態が若干異なるため,本...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/18

News and Topics 進行性腎細胞がんに対するニボルマブとエベロリムスの比較試験

梶谷竜裕/内野慶太

がん分子標的治療 Vol.14 No.4, 142-144, 2016

進行性腎細胞がんの治療戦略はスニチニブ,ソラフェニブをはじめとした分子標的薬の登場により大きく変化した。また近年,免疫チェックポイント阻害薬がさまざまな領域の悪性腫瘍診療に大きなインパクトをもた...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/10

特集 高齢者の体液管理 高齢者のスポーツ・リハビリテーションと体液管理

上月正博

Fluid Management Renaissance Vol.6 No.4, 56-63, 2016

超高齢社会の現在,要介護状態をできるだけ予防するうえでもサルコぺニア・フレイルの予防や介入は喫緊の課題である。体液異常をきたしやすい心不全患者や慢性腎臓病(CKD)患者においてもサルコペニア・フ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/10

誌上ディベート 心不全に対するループ利尿薬の静脈内投与 間歇的ボーラス投与がよいとの立場から

豊田茂

Fluid Management Renaissance Vol.6 No.4, 83-86, 2016

利尿薬,なかでもフロセミドをはじめとするループ利尿薬は体液貯留を伴った心不全治療に必要不可欠な薬剤であり,40年以上前から今日まで広く使用されている薬剤である。ACCF/AHAガイドライン1)や...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/10

誌上ディベート 心不全に対するループ利尿薬の静脈内投与 持続投与がよいとの立場から

平敷安希博

Fluid Management Renaissance Vol.6 No.4, 80-82, 2016

心不全は体液貯留を主体とすることが多く,利尿薬によるvolume reductionは心不全治療の基本である。しかしながら,急性期であるがゆえに利尿薬の使用方法に関するランダム化二重盲検試験の実施...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/10

特集 高齢者の体液管理 高齢者介護における体液管理

谷口英喜/牛込恵子

Fluid Management Renaissance Vol.6 No.4, 47-55, 2016

高齢者介護においては,認知障害,フレイル,サルコペニアおよび脱水症など,さまざまな問題点が挙げられている。そのなかでも,脱水症はほとんどの高齢者が抱えている課題でもある。加齢により体液量が減少し...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/10

特集 高齢者の体液管理 高齢心不全患者の体液管理

味岡正純/戸部彰洋

Fluid Management Renaissance Vol.6 No.4, 41-46, 2016

人口の高齢化に伴い心不全で入院する患者の高齢化も進行しており,今や心不全入院患者の3分の2が80歳以上の超高齢者で占められている。当院に心不全で入院した患者を80歳以上のOE群と80歳未満のUE...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/10

特集 高齢者の体液管理 高齢者のCKDと透析の体液管理

濱田千江子

Fluid Management Renaissance Vol.6 No.4, 34-40, 2016

慢性糸球体腎炎や糖尿病腎症への包括的な治療介入によって進展が予防・抑制され,末期腎不全のため透析導入に至る患者数が減少傾向である。しかし,透析導入患者数は今なお増加傾向であり,また透析導入年齢が...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/10

特集 高齢者の体液管理 高齢者の高血圧と体液管理

鷹見洋一/樂木宏美

Fluid Management Renaissance Vol.6 No.4, 28-33, 2016

超高齢社会を迎えたわが国において加齢性疾患,特に高血圧は心血管疾患の重要な予後規定因子であり,その適切な管理は健康寿命の延伸につながる。高齢者高血圧の特徴のなかで体液量に関連するものとしては,腎...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/10

特集 高齢者の体液管理 高齢者に多い水電解質異常と治療

石川三衛

Fluid Management Renaissance Vol.6 No.4, 20-27, 2016

高齢者では,体液調節の異常と密接に関連して低Na血症を引き起こすことが多い。水代謝異常では水利尿不全に伴う体液過剰による希釈性低Na血症を惹起する病態が認められる。高血圧,糖尿病や脂質異常症など...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/10

特集 高齢者の体液管理 高齢者の体液調節系の特徴

次田誠/岩﨑泰正

Fluid Management Renaissance Vol.6 No.4, 15-19, 2016

高齢者における体液調節系の特徴を一言でいえば“体液量の減少”と“調節予備力の低下”として表現される。腎臓や中枢神経系を含む各種臓器は加齢とともに量的・質的な変化を呈するが,基礎疾患が存在しない場...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す