• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2018/07/02

目でみるページ(喘息) アレルギー性気管支肺アスペルギルス症

松瀬厚人

喘息・アレルギー Vol.30 No.2, 2-6, 2017

気道は外界に直結する臓器であり,呼吸により無数の外来因子が気道内に到達する。外来因子の中でも環境中に存在する真菌は多くの呼吸器疾患の病態形成に関与している。真菌の中でも,特にAspergillus...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/07/02

特集 喘息の加齢による変化─高齢者喘息を中心に─ 高齢者喘息の治療─吸入指導を含め─

堀口高彦/近藤りえ子

喘息・アレルギー Vol.30 No.2, 36-41, 2017

高齢者喘息の治療は成人喘息に準じており,吸入ステロイド薬を中心とした吸入治療が主体となる。高齢者の身体的特徴から記憶力・視力・聴力・触覚・筋力などの低下により,正確な吸入操作が得られない場合が多...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/07/02

特集 喘息の加齢による変化─高齢者喘息を中心に─ 小児科領域からみた加齢の影響

小田嶋博

喘息・アレルギー Vol.30 No.2, 29-35, 2017

小児期には喘息が発症し,ある者は寛解し,ある者は成人に移行していく。小学生でみれば発症は3歳までが多く,その後,小学生の時期に約半分は寛解する。思春期は寛解の時期であると同時に,増悪,難治化する...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/07/02

特集 喘息の加齢による変化─高齢者喘息を中心に─ 高齢者喘息と合併症

平田一人/浅井一久

喘息・アレルギー Vol.30 No.2, 23-28, 2017

高齢者喘息では多彩な他疾患の合併により,喘息の難治化の原因や喘息死の原因になる。今回は高齢者喘息の合併症として重要な慢性閉塞性肺疾患(COPD),肺炎,睡眠時無呼吸症候群(SAS),循環器疾患,...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/07/02

特集 喘息の加齢による変化─高齢者喘息を中心に─ 高齢者喘息の気道炎症

杣知行

喘息・アレルギー Vol.30 No.2, 16-22, 2017

喘息患者では健常者と比較して呼吸機能低下の進展が著明である。特に高齢者喘息では,生活環境や加齢自体の影響などによって,呼吸機能障害が修飾される。そしてさまざまな併存症による診断の困難性や,治療方...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/07/02

特集 喘息の加齢による変化─高齢者喘息を中心に─ 高齢者喘息の臨床的特徴

横山彰仁

喘息・アレルギー Vol.30 No.2, 12-15, 2017

わが国は著しい高齢化が進行しており,高齢者喘息も増加している。加齢による身体機能低下と併存症により,高齢者喘息は重症化しやすい。併存症は加齢とともに多くなり(多病性),特に心不全やCOPDとのオ...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/05/22

特集 がん治療医に聞く:実地臨床に必要な疼痛緩和の知識 パンコースト腫瘍による痛みの緩和

石原未希子/猶木克彦

がん患者と対症療法 Vol.27 No.1, 13-16, 2018

●パンコースト腫瘍(SST)は治癒可能な患者から数日の経過で寝たきりとなる予後不良な患者まで,多彩な経過をとるヘテロな集団である。●肩を中心とした疼痛は初発症状として重要であり,その後の治療にお...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/06

News and Topics 1次治療のEGFR-TKI耐性後のT790M変異陽性進行非小細胞肺がんに対するオシメルチニブの有効性

仁保誠治

がん分子標的治療 Vol.15 No.3, 109-111, 2017

上皮成長因子受容体(EGFR)遺伝子変異陽性進行非小細胞肺がん(non-small-cell lung cancer;NSCLC)に対する標準治療はEGFRチロシンキナーゼ阻害薬(TKI)である。日...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/06

News and Topics OAK試験からみるatezolizumabの展望

伊藤健太郎

がん分子標的治療 Vol.15 No.3, 112-114, 2017

2次治療以降の非小細胞肺がん(non-small-cell lung cancer;NSCLC)患者を対象として,programmed death-1(PD-1)を標的とした抗PD-1抗体であるニボル...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/06

Theme 新世代の分子標的治療 新世代の分子標的治療 肺がん

林秀敏

がん分子標的治療 Vol.15 No.3, 34-38, 2017

上皮成長因子受容体(EGFR)遺伝子変異やALK融合遺伝子などの遺伝子異常を有する非小細胞肺がん(NSCLC)に対する特異的な分子標的薬はその治療効果として高い有効性が示されている一方で,その他...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/06

新任教授紹介 木島貴志教授(兵庫医科大学内科学講座呼吸器科)

木島貴志/西條長宏

がん分子標的治療 Vol.15 No.3, 115-118, 2017

西條:2017年4月から兵庫医科大学内科学講座呼吸器科主任教授に就任された木島貴志先生にお話を伺いたいと思います。まず先生の経歴についてお伺いしますが,ご出身地は大阪ですか。木島:生まれと育ちは...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/06

Learn more from previous clinical trial RET肺がんに対する臨床試験

葉清隆

がん分子標的治療 Vol.15 No.3, 95-97, 2017

近年,進行非小細胞肺がんの治療において,上皮成長因子受容体(EGFR)やALK,ROS1などのドライバー変異に基づく分子標的薬による個別化医療(precision medicine)が実現している...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/06

Pharmacogenomics and biomarker EGFR T790M変異測定におけるリキッドバイオプシーの利点と限界

和久田一茂/釼持広知

がん分子標的治療 Vol.15 No.3, 90-94, 2017

近年,肺がんではdriver mutationの解析が進んでおり,肺腺がんでは上皮成長因子受容体(EGFR)遺伝子変異,ALK遺伝子転座,ROS1遺伝子転座といった遺伝子変異を測定することが推奨さ...

⇒全文を見る

category05.gif category13.gif

2018/03/26

PAHに伴う心肺病変について考えるシンポジウム Session Ⅱ 重症PHを有する強皮症に対する治療介入 症例提示「肺動脈性肺高血圧症と間質性肺炎を合併し重度の呼吸困難をきたした強皮症の1例―エポプロステノールの活用と問題点」

吉藤元/柳澤洋/谷澤公伸/半田知宏/木下秀之

Pulmonary Hypertension Update Vol.1 Suppl., 79-84, 2015

膠原病(connective tissue disease:CTD)に伴う肺動脈性肺高血圧症(pulmonary arterial hypertension:PAH)は予後不良であるが1),そのなかでも...

⇒全文を見る

category13.gif category05.gif

2018/03/26

PAHに伴う心肺病変について考えるシンポジウム Session Ⅲ シェーグレン症候群に伴うPAHに対する治療介入 私はこのように対処している―自験例の紹介―「原発性シェーグレン症候群に間質性肺炎を合併した肺動脈性肺高血圧症の1例」

中島崇作/土橋浩章

Pulmonary Hypertension Update Vol.1 Suppl., 85-89, 2015

膠原病(connective tissue disease:CTD)に合併する肺高血圧症(pulmonary hypertension:PH)は強皮症,混合性結合組織病(mixed connective ...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/03/26

Topics 呼吸器領域における肺高血圧症のトピックス わが国における呼吸器疾患に伴う肺高血圧症診療の実態と重症肺高血圧症の予後

田邉信宏

Pulmonary Hypertension Update Vol.1 Suppl., 11-15, 2015

わが国における呼吸器疾患に伴う肺高血圧症(R-PH)の診療実態および予後は明らかでない。今回,日本呼吸器学会認定および関連施設におけるアンケート,ならびにその後協力が得られた施設において,平均肺...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/03/26

Theme 難治性肺高血圧症診療の経験から学ぶ State of the Art 肺疾患に伴う肺高血圧症治療

守尾嘉晃

Pulmonary Hypertension Update Vol.3 No.2, 26-34, 2017

肺疾患に伴う肺高血圧症(PH)は,全経過中に発症しえる合併症で,右心不全を惹起し運動耐容性の障害と生存期間の短縮をもたらすことより,臨床的に重要な病態である。またその予後は,PHを主徴とした他の...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/03/13

座談会(Round Table Discussion) 骨髄不全症候群のなかのPNH ─病態研究の進歩と位置づけ─

西村純一/川口辰哉/小島勢二/中尾眞二/二宮治彦/宮﨑泰司

PNH Frontier No.4, 4-12, 2017

発作性夜間ヘモグロビン尿症(PNH)は再生不良性貧血(AA)や骨髄異形成症候群(MDS)などの造血不全疾患としばしば合併・相互移行し,鑑別に苦慮することも多い。AAやMDSでは微少PNHクローン...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/03/08

特集 夜間頻尿のパラダイムシフト 夜間頻尿と睡眠障害:泌尿器科医の知っておくべき診断と治療(睡眠時無呼吸を含む)

鈴木真由美

排尿障害プラクティス Vol.25 No.1, 47-54, 2017

夜間頻尿との関与が知られている睡眠障害には,不眠症,うつ病による不眠,睡眠時無呼吸症候群(sleep apnea syndrome;SAS),むずむず脚症候群,周期性四肢運動障害がある。SASでは,...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/03/07

小児感染症Q&A 小児肺炎の治療について教えてください

尾内一信

up-to-date 子どもの感染症 Vol.5 No.1, 10-11, 2017

2016年11月に改訂された「小児呼吸器感染症診療ガイドライン2017年版」1)の肺炎の項を参考にして小児肺炎の治療について解説する.小児肺炎の治療に関しては,まず重症度1)を把握し,入院か外来...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す