• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2016/12/22

特集 脂質低下療法と脳卒中―PCSK9阻害薬の登場― 糖尿病管理におけるPCSK9阻害薬の役割 The role of PCSK9 inhibitor in the management of the patients with diabetes mellitus

長谷川夕希子/中神朋子/内潟安子

脳と循環 Vol.21 No.3, 49-53, 2016

「SUMMARY」わが国発信のJ-STARS研究では,脳卒中における2次予防に対するLDLC低下薬スタチンの投与は脳卒中全体の再発率を低下させなかったが,アテローム血栓性脳梗塞のリスクを有意に低...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/26

座談会(Round Table Discussion) 『O.li.v.e.』創刊5周年記念座談会

太田博明/稲葉雅章/倉林正彦/杉本利嗣/田中栄/山岸昌一

O.li.v.e.―骨代謝と生活習慣病の連関― Vol.6 No.3, 6-14, 2016

「骨リモデリングの制御に重要な働きをしている骨細胞」太田:骨代謝と生活習慣病の連関を,多面的な視点から捉えることをコンセプトとした『O.li.v.e.(Osteo Lipid Vascular & En...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/25

特集 高血圧を再考する:注目点とこれからの診療 新たな血圧変動指標による降圧目標の確立

今泉悠希/星出聡/苅尾七臣

Pharma Medica Vol.34 No.8, 31-36, 2016

「はじめに」心血管疾患の最大のリスクファクターは高血圧である。これまで高血圧の診断には安静時に複数回測定した血圧の平均値を用いてきた。各国の高血圧診療ガイドラインでも,高血圧の診断と治療は血圧レ...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/16

Meet the Expert 巻頭インタビュー 加来浩平先生(川崎医科大学内科学特任教授)

加来浩平/谷澤幸生

Diabetes Horizons ―Practice and Progress― Vol.5 No.3, 4-9, 2016

「紆余曲折を経て糖尿病学の道に」谷澤:本日は山口大学医学部の大先輩でいらっしゃいます加来浩平先生にこれまでの歩みを伺い,若手の先生方を元気づけるようなお話をいただきたいと思います。先生は活力溢れ...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/16

糖尿病専門医に役立つ臨床トピックス 最新の知見からみた糖尿病網膜症の治療戦略

鈴間潔

Diabetes Horizons ―Practice and Progress― Vol.5 No.3, 36-41, 2016

糖尿病は,網膜症,黄斑症,白内障,角膜障害,虹彩炎,外眼筋麻痺など,眼の様々な部位に病変をもたらす。その中でも糖尿病網膜症は重症化すると失明に至るため,その治療対策は重要である。今号では,網膜血...

⇒全文を見る

category13.gif category06.gif

2016/09/16

実践!チーム医療と診療連携のススメ NTT東日本関東病院糖尿病・内分泌内科におけるチーム医療と地域医療連携

林道夫

Diabetes Horizons ―Practice and Progress― Vol.5 No.3, 30-35, 2016

東京都品川区の都心にありながら静かな環境に立地するNTT東日本関東病院は,日本電信電話公社の職域病院・関東逓信病院として1952年に開設した。1986年より一般開放され,現在は地域の基幹病院とし...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/16

米国糖尿病学会(ADA) The 76th Scientific Sessions of the ADA(New Orleans, LA)

野見山崇

Diabetes Horizons ―Practice and Progress― Vol.5 No.3, 26-29, 2016

2016年6月10日~14日まで,米国・ニューオリンズにて第76回米国糖尿病学会年次学術集会が開催されました。今回の学会に参加して興味深かったトピックを中心にレポートいたします。「清野 裕先生が本...

⇒全文を見る

category13.gif category06.gif

2016/09/16

糖尿病診療最前線 佐久市立国保浅間総合病院糖尿病科

仲元司

Diabetes Horizons ―Practice and Progress― Vol.5 No.3, 20-25, 2016

長野県の東信地域に位置する佐久市立国保浅間総合病院は,地域の中核病院として地域のニーズに応える医療サービスを提供し,佐久市の主要施策である「こころとからだの健康づくり」の一端を担っている。糖尿病...

⇒全文を見る

category13.gif category05.gif

2016/09/16

目でみる血管障害 重症下肢虚血のWIfI分類

東信良

Angiology Frontier Vol.15 No.2, 1-5, 2016

「1 WIfI分類が生まれた背景」これまで,虚血肢の重症度を評価する尺度としてFontaine分類やRutherford分類が用いられてきた。しかし,糖尿病が爆発的に増え,それによって虚血による...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/12

特集 新しいリピドーシス―中性脂肪と臓器障害― Ⅱ.脂肪毒性の臓器特性 4.骨格筋における脂肪毒性

田村好史/竹野景海/筧佐織

The Lipid Vol.27 No.3, 73-78, 2016

「Summary」インスリン感受性臓器である骨格筋,肝臓における異所性脂肪蓄積はそれぞれの臓器のインスリン抵抗性を惹起し,2型糖尿病やメタボリックシンドロームを引き起こす原因になっていることが示...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/12

特集 新しいリピドーシス―中性脂肪と臓器障害― Ⅰ.中性脂肪代謝の分子機構と臓器障害 4.細胞外中性脂肪分解と臓器障害

野牛宏晃

The Lipid Vol.27 No.3, 39-45, 2016

「Summary」リポ蛋白リパーゼ(LpL)は細胞外中性脂肪水解を担う主な酵素である.血漿リポ蛋白代謝を介した抗動脈硬化作用を認める一方,マクロファージ泡沫化を介して動脈硬化を進展させる.心臓,...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/12

特集 新しいリピドーシス―中性脂肪と臓器障害― Ⅰ.中性脂肪代謝の分子機構と臓器障害 2.脂肪酸輸送と臓器障害―脂肪酸結合蛋白4(FABP4)を中心に―

古橋眞人

The Lipid Vol.27 No.3, 23-31, 2016

「Summary」脂質シャペロンファミリーのひとつである脂肪酸結合蛋白4(FABP4/A-FABP/aP2)は,主に脂肪細胞とマクロファージに存在し,代謝および炎症反応の両側面からメタボリックシ...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/12

特集 新しいリピドーシス―中性脂肪と臓器障害― Ⅰ.中性脂肪代謝の分子機構と臓器障害 1.脂肪酸合成と臓器障害

松坂賢/島野仁

The Lipid Vol.27 No.3, 16-22, 2016

「Summary」細胞内の脂肪酸の供給は,食事や血中遊離脂肪酸以外に,糖質からの脂肪酸合成によっても行われる.内因性脂肪酸合成系は過栄養状態で活性化され,細胞・臓器への脂質の過剰蓄積によりインス...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/08/25

欧州泌尿器科学会(EAU) 第31回欧州泌尿器学会議(EAU 2016)

橘田岳也

排尿障害プラクティス Vol.24 No.1, 74-78, 2016

「はじめに」今年の第31回欧州泌尿器学会議(31th Annual Congress of European Association of Urology;EAU 2016)は,3月11~15日の日程で,ドイツ...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/08/25

特集 生活習慣病と下部尿路症状 生活習慣の改善は下部尿路症状の軽減につながるか

山西友典/加賀勘家/布施美樹

排尿障害プラクティス Vol.24 No.1, 60-64, 2016

生活習慣と下部尿路症状(lower urinary tract symptoms;LUTS)との関係においては種々の報告がある。LUTSに関係する生活習慣としては,体重増加,運動(不足),過剰な飲水,...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/08/25

特集 生活習慣病と下部尿路症状 運動習慣・食生活と下部尿路症状―コンチネンス・ウエルネスを目指して―

佐藤和佳子

排尿障害プラクティス Vol.24 No.1, 52-59, 2016

近年,下部尿路症状(lower urinary tract symptoms;LUTS)とメタボリック症候群とに関連があることが明らかとなっている。その予防のためには,内臓脂肪型肥満とならないよう,個...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/08/25

特集 生活習慣病と下部尿路症状 糖尿病と下部尿路症状

山本新九郎/清水翔吾/井上啓史/齊藤源顕

排尿障害プラクティス Vol.24 No.1, 45-51, 2016

糖尿病に付随する膀胱機能障害は19世紀中頃より知られており, 古典的には尿意の鈍麻・消失, 膀胱容量の増加, 排尿筋収縮力低下や残尿量の増加が知られている。近年の疫学調査で,糖尿病に付随する下部尿路機...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/08/25

特集 生活習慣病と下部尿路症状 高血圧と下部尿路症状

伊藤秀明

排尿障害プラクティス Vol.24 No.1, 39-44, 2016

近年,高血圧と下部尿路症状(lower urinary tract symptoms;LUTS)は深く関連することがわかってきた。交感神経機能亢進をきたし,蓄尿症状・排尿症状をともに引き起こす。利尿薬...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/08/25

特集 生活習慣病と下部尿路症状 脂質異常症と下部尿路症状

桝永浩一

排尿障害プラクティス Vol.24 No.1, 32-38, 2016

脂質異常症はメタボリック症候群の一病態であり,動脈硬化症に基づく脳血管疾患や虚血性心疾患の原因となるため,その危険因子数にて4段階にリスク分類され,それぞれの脂質管理目標に向けて生活習慣の改善,...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/08/25

特集 生活習慣病と下部尿路症状 メタボリック症候群と下部尿路症状

大垣憲司

排尿障害プラクティス Vol.24 No.1, 23-31, 2016

メタボリック症候群(metabolic syndrome;MetS)は「インスリン抵抗性,動脈硬化惹起性脂質代謝異常,血圧高値を個人に合併する心血管病易発症状態」と定義され,これらの危険因子の上流...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す