• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2017/09/12

特集 高尿酸血症・痛風の生活指導─栄養学的視点と運動療法 2.糖質制限食の是非

嶺尾郁夫/竹之下優/高田真実/友田如/出口有近/岡内幸義

高尿酸血症と痛風 Vol.25 No.1, 21-27, 2017

糖質制限食とは,三大栄養素のバランスにおいて糖質摂取を低減する食事療法である。どの程度低減するか一定の定義はなく,糖質摂取を50g/日以下にする超糖質制限から,130~200g/日程度の穏やかな...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/12

特集 高尿酸血症・痛風の疫学における最近の話題 5.血清尿酸値と各病態との関連 4)糖代謝異常

中村幸志

高尿酸血症と痛風 Vol.24 No.2, 53-57, 2016

肥満,特に内臓脂肪蓄積型の肥満は,アディポネクチンの低下と関連してインスリン抵抗性を惹起し,糖尿病の発症につながる。インスリン抵抗性は,グリセルアルデヒド-3-リン酸脱水素酵素の活性を低下させ,...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/12

特集 高尿酸血症・痛風の疫学における最近の話題 5.血清尿酸値と各病態との関連 3)メタボリックシンドローム

川本龍一

高尿酸血症と痛風 Vol.24 No.2, 47-52, 2016

メタボリックシンドローム(MetS)は,コンポーネントである内臓脂肪型肥満(内臓脂肪蓄積),高血圧,高中性脂肪血症,低HDLコレステロール血症,高血糖からなり,インスリン抵抗性を背景とした心血管...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

糖尿病入門 糖尿病と歯周病

西村英紀

DIABETES UPDATE Vol.6 No.2, 26-30, 2017

歯周治療によって,糖尿病患者の血糖コントロールが改善することが20年ほど前から提唱されており,これを検証する介入試験が実施されてきた。しかしながら,果たして真に歯周治療でヘモグロビンA1c(Hb...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

Basic & Clinical Topics [基礎①]2型糖尿病の遺伝的構成

前田士郎

DIABETES UPDATE Vol.6 No.2, 14-16, 2017

ゲノムワイド関連解析(GWAS)の導入により,既に80以上の2型糖尿病疾患感受性ゲノム領域が同定されている。GWASで同定されているバリアントはアレル頻度が5%以上の比較的効果の弱いものであり,...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

MEDICAL TOPICS 第62回 老化におけるメイラード反応の役割

市丸健太/大野礼一/須川日加里/木下奨/白河潤一/永井美芽/永井竜児

THE LUNG perspectives Vol.25 No.2, 73-77, 2017

カルボニル基を有する還元糖はタンパクやアミノ酸のアミノ基側鎖と非酵素的に反応し,縮合反応が進行する。この反応は1912年にフランスの科学者であるL. C. Maillardが見出したことからメイラー...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

Skill Up!コーチング~患者さんとの対話力を磨く~ 第6回 「反省外来」から「イメージトレーニング外来」へ

大橋健

DIABETES UPDATE Vol.6 No.2, 58-60, 2017

医師:○○さん,どうぞ。患者:すみません,先生。今回,血糖上がっちゃってるでしょう……。医師:うーん,確かにA1cが上がっていますね。患者:やっぱり! いろいろ食べちゃったんです。本当にすみませ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

Message from Overseas フライブルク大学留学記

山原康佑

DIABETES UPDATE Vol.6 No.2, 54-56, 2017

2015年8月よりドイツのフライブルク大学へ夫婦で研究留学をさせていただいている山原康佑と申します。フライブルクはドイツの最南西部に位置する人口約20万人の学研都市で,黒い森(Schwarzwa...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

FORUM 第20回日本病態栄養学会年次学術集会シンポジウム⑤ 「腎臓病と栄養の最前線」

DIABETES UPDATE Vol.6 No.2, 48-53, 2017

近年,“Healthy Diet”という概念が慢性腎臓病(CKD)の領域でも広がりつつある。そのような背景もあり,これまでのカリウムや蛋白質などの「制限食」から,個々の患者における「健康維持への食...

⇒全文を見る

category13.gif category06.gif

2017/09/11

開業医院施設インタビュー 医療法人社団 一洋会 H.E.Cサイエンスクリニック(神奈川県横浜市)

平尾紘一

DIABETES UPDATE Vol.6 No.2, 44-47, 2017

横浜市のJR洋光台駅近くに1993年に開業したH.E.Cサイエンスクリニック。現在,常勤医師5人,スタッフ総勢約80人の充実した体制で,約3,300人(うち1型糖尿病患者が約380人)の糖尿病患...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

SGLT・レッスン 循環器疾患を伴う2型糖尿病患者に対するSGLT2阻害薬の使い方

東幸仁

DIABETES UPDATE Vol.6 No.2, 38-42, 2017

糖尿病治療の1つの大きな目標は,生活の質や生命自体に重大な影響を及ぼす大血管症(虚血性心疾患,脳血管障害,閉塞性動脈硬化症)の予防・進展の阻止である。糖尿病は循環器疾患と同様に,脳や心臓,腎臓な...

⇒全文を見る

category13.gif category05.gif

2017/09/11

コンサルテーション 小児2型糖尿病患者の症例報告

安田祐希/杉原茂孝

DIABETES UPDATE Vol.6 No.2, 32-37, 2017

10歳女子。感冒症状で紹介元のかかりつけ医を受診した際に,前回受診時からの急激な体重増加,受診時肥満度+73.1%と高度肥満,著明な黒色表皮症を認め,専門家による精査が必要と判断され,当科に紹介...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

Basic & Clinical Topics [臨床②]日本人高齢者における糖尿病と海馬萎縮の関連~久山町研究~

五十川陽洋

DIABETES UPDATE Vol.6 No.2, 24-25, 2017

認知症,中でもアルツハイマー病は,世界的にも日本国内でも増加してきている。しかしその発症メカニズムや治療法は十分には解明されておらず,発症予防のために危険因子を同定する必要がある。糖尿病がアルツ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

Basic & Clinical Topics [臨床①]耐糖能異常症例における糖尿病発症前後の死亡率の変化―Da Qing Diabetes Prevention Study 23年追跡調査の結果から―

高原充佳/松岡孝昭

DIABETES UPDATE Vol.6 No.2, 20-22, 2017

糖尿病患者は健常人に比べて死亡率が高い。一方,耐糖能異常(impaired glucose tolerance;IGT)症例も正常耐糖能例と比べると死亡率が高いことが,多くの疫学研究によってこれまで...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

Basic & Clinical Topics [基礎②]カロリー制限食がtype2免疫応答を介して白色脂肪細胞の褐色化を促進する

窪田哲也/窪田直人/門脇孝

DIABETES UPDATE Vol.6 No.2, 18-19, 2017

白色脂肪組織でも寒冷刺激などにより,通常は発現しない熱産生を担う褐色脂肪細胞特異的なuncoupling protein 1(UCP1)の発現が観察されるようになる。このような誘導型の褐色脂肪細胞は...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

座談会(Round Table Discussion) 低血糖を起こさないための外来でのインスリンによる血糖管理法

弘世貴久/大杉満/野見山崇/河盛段

DIABETES UPDATE Vol.6 No.2, 4-12, 2017

インスリン製剤には超速効型インスリン,持効型溶解インスリン,2種類の異なるインスリンアナログを配合した配合インスリン製剤などがあり,個々の患者さんの病態に合わせて様々なタイプの製剤が使用されてい...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/08

特集 消化管と糖尿病 インクレチンによる血糖調節

飯田淳史/清野祐介/林良敬/有馬寛

Diabetes Frontier Vol.28 No.2, 163-168, 2017

1906年にMooreらは,腸管粘膜抽出物が高血糖患者の尿糖を減少させることを報告した。その後,1964年にElrick,McIntyreらは,健常人に経口糖負荷試験(oral glucose to...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/08

特集 消化管と糖尿病 腸内細菌と動脈硬化

溝口泰司/山下智也/平田健一

Diabetes Frontier Vol.28 No.2, 158-162, 2017

近年,食生活を含む生活習慣の欧米化により日本人における冠動脈疾患の発症率は増加している。現在,冠動脈疾患予防の基盤をなすスタチン製剤を用いた脂質低下療法がその一次予防,二次予防ともに有効であるも...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/08

総説 PCSK9阻害薬の臨床応用

井出真太郎/前澤善朗/横手幸太郎

Diabetes Frontier Vol.28 No.2, 139-146, 2017

PCSK9(proprotein convertase subtilisin/kexin type 9)はLDL受容体,アポリポ蛋白Bに続く家族性高コレステロール血症(familial hyperchol...

⇒全文を見る

category05.gif category13.gif

2017/09/08

投稿論文 ステロイド糖尿病に対し週1回GLP‐1受容体作動薬が奏効した針恐怖症の1例

岡﨑由希子/田島亜佳里/門脇孝

Diabetes Frontier Vol.28 No.2, 231-235, 2017

69歳女性。ブドウ膜炎に対しプレドニゾロン20mgの投与開始3ヵ月後,随時血糖値918mg/dL,HbA1c 16.1%となり,ステロイド糖尿病の診断にて緊急入院となった。強化インスリン療法の後,...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す