• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2017/02/06

特集 肺高血圧症の最新知見と新展開 炎症性シグナルによる肺高血圧症の病態制御と治療

中岡良和

血管医学 Vol.17 No.3, 29-35, 2016

「Summary」肺動脈性肺高血圧症(PAH)は難治性の疾患群で,その発症機序はまだ明らかではない.これまでPAH の病態に骨形成蛋白質受容体Ⅱ型(BMPR2)シグナル異常による肺血管...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/06

特集 肺高血圧症の最新知見と新展開 オーバービュー

福田恵一

血管医学 Vol.17 No.3, 7-8, 2016

肺高血圧症は肺動脈圧が上昇するという表面上の共通の特徴はあるものの,その病因は複雑多彩であり,疾患ごとのその成立機序はこれまで明らかになっていなかった.また,本症はそれまでは存在は知られていても...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/06

特集 肺高血圧症の最新知見と新展開 肺高血圧症における遺伝子変異の疫学と臨床病態の最新知見

片岡雅晴

血管医学 Vol.17 No.3, 9-15, 2016

「Summary」日本人肺動脈性肺高血圧症患者(PAH)におけるpoint mutation とエキソン欠失まで含めたBMPR2遺伝子変異の大規模解析結果について,自験例を詳述する.また,われわれは...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/06

特集 肺高血圧症の最新知見と新展開 病態解明に向けた肺高血圧・肺血管リモデリング・右室機能の評価の最前線

坂尾誠一郎

血管医学 Vol.17 No.3, 17-27, 2016

「Summary」肺高血圧症の肺動脈リモデリング成立機序には,細胞増殖・機能障害,血管攣縮,炎症細胞浸潤,遺伝的素因などさまざまな因子が関与する.特に肺動脈性肺高血圧症(PAH)では,多様な因子...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/06

特集 肺高血圧症の最新知見と新展開 肺高血圧症発症メカニズムにおける性ホルモンの役割

小垣滋豊

血管医学 Vol.17 No.3, 37-44, 2016

「Summary」肺高血圧症の原因はさまざまであるが,多くの肺高血圧症で女性が男性より多い傾向にあることは古くから知られている.一方で,ほとんどの実験的肺高血圧症において,メスや女性ホルモンは肺...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/06

特集 肺高血圧症の最新知見と新展開 病理学的に診る肺高血圧症 ─肺動脈・肺静脈と全身臓器を視野に

千葉知宏

血管医学 Vol.17 No.3, 45-53, 2016

「Summary」肺動脈性肺高血圧症(PAH)の病理学的解析は,20世紀後半に確立されたHeath-Edwards分類を中心に展開されてきた.基礎研究・臨床医学の発展,有効な治療薬の登場により,...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/06

特集 肺高血圧症の最新知見と新展開 臨床薬理学的に迫る肺高血圧症に対する血管拡張薬併用療法の現状と新たな展開

小田切圭一

血管医学 Vol.17 No.3, 55-60, 2016

「Summary」肺動脈性肺高血圧症(pulmonary arterial hypertension:PAH)において,特異的PAH 治療薬の単剤治療は生命予後を改善することが示され,欧米あるいは本邦...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/06

特集 肺高血圧症の最新知見と新展開 肺高血圧症における非侵襲的検査としての超音波診断の有用性

西條良仁/山田博胤

血管医学 Vol.17 No.3, 61-70, 2016

「Summary」心エコー図検査を用いると,肺高血圧や右心機能を非侵襲的かつ定量的に評価することができる.肺高血圧症の診断には心臓カテーテル検査がゴールドスタンダードであり,右室の複雑な形態評価...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/06

特集 肺高血圧症の最新知見と新展開 肺高血圧症に対するカテーテル治療の進歩と未来

川上崇史

血管医学 Vol.17 No.3, 71-78, 2016

「Summary」慢性血栓塞栓性肺高血圧症(CTEPH)は器質化血栓が広範囲の肺動脈を狭窄・閉塞し,肺高血圧症を呈した状態で,国の指定難病疾患である.治療方法は,肺動脈内膜摘除術(PEA),薬物...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/06

特集 肺高血圧症の最新知見と新展開 血栓性の肺高血圧症に対する治療の進歩

山田典一/中村真潮

血管医学 Vol.17 No.3, 79-84, 2016

「Summary」慢性血栓塞栓性肺高血圧症(CTEPH)の治療の中心は肺動脈内の器質化血栓を外科的に取り除く肺動脈血栓内膜摘除術(PEA)であり,術後の安静時肺動脈圧,右室機能,患者のQOL の正...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/06

長い時空を旅する血液 水陸両用の身体:ロシアのシンクロナイズドスイミングの選手の恐るべき循環の秘密

丸山征郎

血管医学 Vol.17 No.3, 123-126, 2016

環境や設備問題,直前のジカ熱問題で開催が危ぶまれていたリオでのオリンピックもさしたる問題もなく,無事終了した.私が一番関心を持っていたマラソンは男女ともに惨敗で,大いに落胆したが,想いもよらない...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/25

特集 高血圧を再考する:注目点とこれからの診療 高血圧を再考する―特集にあたって

長谷部直幸

Pharma Medica Vol.34 No.8, 7, 2016

わが国において,患者数約4,300万人の圧倒的多数を占める高血圧の診療は,まさに新たな局面を迎えている。行政の対応は,医療費抑制の観点から,否応なしに高血圧診療の変革を迫っている。新たな降圧薬の...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/25

特集 高血圧を再考する:注目点とこれからの診療 ポリピルの未来:長寿薬としての可能性

光山勝慶

Pharma Medica Vol.34 No.8, 53-58, 2016

「はじめに」高血圧症患者は1種類の降圧薬だけでは血圧を十分にコントロールできない場合が過半数であり,異なるクラスの降圧薬の併用を必要とする。そのような背景から,欧米と同様にわが国でも異なるクラス...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/25

特集 高血圧を再考する:注目点とこれからの診療 高血圧のカテーテル・デバイス治療の現状と未来

廣岡良隆

Pharma Medica Vol.34 No.8, 47-52, 2016

「はじめに」優れた降圧薬の開発によって克服されたかにみえた高血圧治療であるが,その実態はいまだ不十分であり,心血管病による死亡の約50%に高血圧が関わっている。適切な薬物治療を受けていない人も含...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/25

特集 高血圧を再考する:注目点とこれからの診療 認知症高齢者の高血圧診療の実際

小原克彦

Pharma Medica Vol.34 No.8, 43-46, 2016

「はじめに」高血圧と軽度認知機能障害(mild cognitive impairment;MCI),認知症の関係に関しては,中年期の高血圧が高齢期の認知機能低下のリスクとなることが示されており,中年...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/25

特集 高血圧を再考する:注目点とこれからの診療 新たな血圧変動指標による降圧目標の確立

今泉悠希/星出聡/苅尾七臣

Pharma Medica Vol.34 No.8, 31-36, 2016

「はじめに」心血管疾患の最大のリスクファクターは高血圧である。これまで高血圧の診断には安静時に複数回測定した血圧の平均値を用いてきた。各国の高血圧診療ガイドラインでも,高血圧の診断と治療は血圧レ...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/25

特集 高血圧を再考する:注目点とこれからの診療 減塩対策と高血圧診療の未来

土橋卓也

Pharma Medica Vol.34 No.8, 19-23, 2016

「はじめに」高血圧者は全国に約4,300万人いると推定されている,最も多い生活習慣病である。食塩の過剰摂取が高血圧の発症や増悪,降圧薬治療に対する抵抗性などの要因となることは明らかであり,依然と...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/25

特集 高血圧を再考する:注目点とこれからの診療 内分泌性高血圧の現在と未来

市原淳弘

Pharma Medica Vol.34 No.8, 37-41, 2016

「はじめに」地球上に生物が誕生し複数の臓器をもった哺乳動物に進化する過程で,生物には循環器系が備わった。生物を構成する1つひとつの細胞がその生命を維持するには,全身に満遍なく酸素と栄養を届けると...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/25

特集 高血圧を再考する:注目点とこれからの診療 厳格降圧(120mmHg未満)のこれから

赤坂憲/楽木宏実

Pharma Medica Vol.34 No.8, 25-29, 2016

「Ⅰ.SPRINT試験の衝撃」昨年発表されたSPRINT(Systolic Blood Pressure Intervention Trial)研究1)は,世界に衝撃を与えた。すなわち,糖尿病,脳卒中既...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/25

特集 高血圧を再考する:注目点とこれからの診療 水銀血圧計の廃止と高血圧診療

浅山敬/大久保孝義

Pharma Medica Vol.34 No.8, 13-17, 2016

「はじめに」水銀に関連する環境問題の高まりを受けて,「水銀に関する水俣条約」が2013年に批准された1)。本条約の発効により,2020年以降,水銀を使った機器の製造並びに輸出入が原則として禁止さ...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す