• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2018/01/24

私のモチベーション 基礎研究と臨床研究からつながる生命

齋藤滋

Fetal & Neonatal Medicine Vol.9 No.2, 37-39, 2017

高校時代,生物学の授業でウニの卵を用いて発生を学んだ時に,生命の誕生に興味をもち,生命の誕生に関わる仕事がしたいと思うようになりました。「医学部に進むなら産婦人科医になる」と決め,奈良県立医科大...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/24

目で見る胎児・新生児の病態 新生児遷延性肺高血圧症

戸苅創/鈴木悟

Fetal & Neonatal Medicine Vol.9 No.2, 5-6, 2017

総括コメント:成熟児に起こる新生児遷延性肺高血圧症(PPHN)は,出生とともに胎児循環から新生児循環に変換する過程で,低酸素症により肺血管が攣縮し,肺動脈圧が体血圧を上回ることにより発生する。し...

⇒全文を見る

category05.gif category13.gif

2018/01/19

目でみるページ Cardiovascular Pathology 病理でみる心臓の加齢変化

加藤誠也

CARDIAC PRACTICE Vol.28 No.2, 7-12, 2017

本来,加齢(aging)は誕生,成熟,やがて衰弱し死を迎える長い過程を指すため,必ずしもその後半部分に訪れる老化(senescence)とはイコールではないが,現実的にはほぼ同じ意味で用いられる...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/19

特集 再生医療・遺伝子治療 トピック 肺高血圧症治療の最前線

荻原義人/山田典一/伊藤正明

CARDIAC PRACTICE Vol.28 No.3, 57-62, 2017

肺動脈性肺高血圧症(pulmonary arterial hypertension:PAH)は,血管攣縮,慢性炎症,血栓形成などにより,末梢肺動脈の増殖性狭窄や閉塞といった肺血管のリモデリングを進行...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/19

特集 再生医療・遺伝子治療 基礎 高血圧DNAワクチンの開発

中神啓徳/森下竜一

CARDIAC PRACTICE Vol.28 No.3, 29-32, 2017

ワクチンは古くから実践されてきた治療法であり,各種感染症に対する予防ワクチンあるいは近年では癌に対する治療ワクチンなどが行われている。近年,このワクチン治療をさまざまな疾患へと応用する試みがなさ...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/19

特集 超高齢社会における循環器疾患 臨床 疫学からみるわが国の超高齢者循環器疾患の特徴

柴田龍宏/福本義弘

CARDIAC PRACTICE Vol.28 No.2, 27-31, 2017

わが国は2007年に総人口における65歳以上の高齢者が占める割合(高齢化率)が21%を超え,「超高齢社会」となった。総人口が減少する一方で高齢化率は上昇し続け,2060年には高齢化率約40%とな...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/12

特集 高尿酸血症・痛風の疫学における最近の話題 5.血清尿酸値と各病態との関連 5)筋量

栗山哲/菅野直希/西尾信一郎

高尿酸血症と痛風 Vol.24 No.2, 58-64, 2016

健常成人において安静下に血清尿酸値と筋量・筋力の間に正相関が報告されている。このことは,骨格筋による尿酸産生は,血清尿酸値の一部を規定している可能性を示唆する。また,強い筋力と良好な生命予後に関...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/12

特集 高尿酸血症・痛風の疫学における最近の話題 5.血清尿酸値と各病態との関連 3)メタボリックシンドローム

川本龍一

高尿酸血症と痛風 Vol.24 No.2, 47-52, 2016

メタボリックシンドローム(MetS)は,コンポーネントである内臓脂肪型肥満(内臓脂肪蓄積),高血圧,高中性脂肪血症,低HDLコレステロール血症,高血糖からなり,インスリン抵抗性を背景とした心血管...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/12

特集 高尿酸血症・痛風の疫学における最近の話題 5.血清尿酸値と各病態との関連 2)高血圧

森田英晃/石坂信和

高尿酸血症と痛風 Vol.24 No.2, 41-46, 2016

高尿酸血症は生活習慣病に関連し,心血管病リスクが増加することが報告されている。疫学研究から高血圧患者に高尿酸血症が多く,高尿酸血症は高血圧発症の危険因子であり,その関連は性差があることが明らかに...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/10

特集 高齢者の体液管理 高齢者のスポーツ・リハビリテーションと体液管理

上月正博

Fluid Management Renaissance Vol.6 No.4, 56-63, 2016

超高齢社会の現在,要介護状態をできるだけ予防するうえでもサルコぺニア・フレイルの予防や介入は喫緊の課題である。体液異常をきたしやすい心不全患者や慢性腎臓病(CKD)患者においてもサルコペニア・フ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/10

特集 高齢者の体液管理 高齢者介護における体液管理

谷口英喜/牛込恵子

Fluid Management Renaissance Vol.6 No.4, 47-55, 2016

高齢者介護においては,認知障害,フレイル,サルコペニアおよび脱水症など,さまざまな問題点が挙げられている。そのなかでも,脱水症はほとんどの高齢者が抱えている課題でもある。加齢により体液量が減少し...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/10

特集 高齢者の体液管理 高齢心不全患者の体液管理

味岡正純/戸部彰洋

Fluid Management Renaissance Vol.6 No.4, 41-46, 2016

人口の高齢化に伴い心不全で入院する患者の高齢化も進行しており,今や心不全入院患者の3分の2が80歳以上の超高齢者で占められている。当院に心不全で入院した患者を80歳以上のOE群と80歳未満のUE...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/10

特集 高齢者の体液管理 高齢者のCKDと透析の体液管理

濱田千江子

Fluid Management Renaissance Vol.6 No.4, 34-40, 2016

慢性糸球体腎炎や糖尿病腎症への包括的な治療介入によって進展が予防・抑制され,末期腎不全のため透析導入に至る患者数が減少傾向である。しかし,透析導入患者数は今なお増加傾向であり,また透析導入年齢が...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/10

特集 高齢者の体液管理 高齢者の高血圧と体液管理

鷹見洋一/樂木宏美

Fluid Management Renaissance Vol.6 No.4, 28-33, 2016

超高齢社会を迎えたわが国において加齢性疾患,特に高血圧は心血管疾患の重要な予後規定因子であり,その適切な管理は健康寿命の延伸につながる。高齢者高血圧の特徴のなかで体液量に関連するものとしては,腎...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/10

特集 高齢者の体液管理 高齢者に多い水電解質異常と治療

石川三衛

Fluid Management Renaissance Vol.6 No.4, 20-27, 2016

高齢者では,体液調節の異常と密接に関連して低Na血症を引き起こすことが多い。水代謝異常では水利尿不全に伴う体液過剰による希釈性低Na血症を惹起する病態が認められる。高血圧,糖尿病や脂質異常症など...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/10

特集 高齢者の体液管理 高齢者の体液調節系の特徴

次田誠/岩﨑泰正

Fluid Management Renaissance Vol.6 No.4, 15-19, 2016

高齢者における体液調節系の特徴を一言でいえば“体液量の減少”と“調節予備力の低下”として表現される。腎臓や中枢神経系を含む各種臓器は加齢とともに量的・質的な変化を呈するが,基礎疾患が存在しない場...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/10

特集 高齢者の体液管理 座談会 高齢化時代の体液管理の諸問題

佐々木成/前田益孝/田村功一/鈴木直紀

Fluid Management Renaissance Vol.6 No.4, 7-14, 2016

他国に先駆けて超高齢社会を迎えているわが国では,腎臓疾患などにより体液管理を必要とする高齢者が増加の一途を辿っている。高齢者では不適切な体液管理や投薬によって脱水や浮腫,電解質異常を容易にきたし...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/10

特集 高齢者の体液管理 特集にあたって

佐々木成

Fluid Management Renaissance Vol.6 No.4, 6, 2016

日本は世界一の高齢化社会といわれており,総人口の4分の1が65歳以上の高齢者となっている。さらにWHOの定義などによると,65歳以上が人口の21%を超えると“超”高齢社会に該当するようである。ま...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/07

海外文献紹介 代謝領域:メルトホミンは,アロマターゼを阻害することにより肺高血圧症の進展を抑制する

前田士郎

Angiology Frontier Vol.15 No.3, 69-71, 2016

肺動脈性肺高血圧(pulmonary arterial hypertension;PAH)は進行性であり,予後は改善されてきているもののいまだ不良である。PAHは女性に多い疾患であるが,一方で男性P...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/20

特集 接触皮膚炎をみる 4 接触皮膚炎のイメージング

小野さち子/本田哲也

皮膚アレルギーフロンティア Vol.14 No.3, 23-27, 2016

外来抗原の皮膚侵入に際し,ケラチノサイトなどの皮膚構成細胞,マクロファージ・肥満細胞などの自然免疫系細胞,樹状細胞・T細胞などの獲得免疫系細胞は協調して免疫応答を誘導し,抗原排除に働く.近年,二...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す