• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2018/08/17

特集 糖尿病治療薬の循環器系への作用~その光と影~ SGLT2阻害薬

田中敦史/野出孝一

Pharma Medica Vol.36 No.6, 52-56, 2018

2015年に発表されたEMPA-REGOUTCOMEにおいて,SGLT2阻害薬であるエンパグリフロジンが糖尿病患者を対象とした大規模臨床試験において初めて心血管イベントおよび死亡,さらには心不全...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/08/17

特集 高齢者医療におけるポリファーマシー対策 生活習慣病領域のポリファーマシー対策

竹屋泰

Pharma Medica Vol.36 No.7, 17-21, 2018

生活習慣病は罹患者数も多く,罹患率は加齢とともに増加するため,生活習慣病領域の薬剤を服用している高齢者は多い。医療者や患者にとって最も身近な疾患であり,この領域でのポリファーマシーを日頃から意識...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/08/17

一目でわかるクリニカルレシピ 糖尿病の食事(合併症予防の食事)

神原萌/蜂谷祐子/遠藤陽子/市川和子/下田将司

Pharma Medica Vol.36 No.6, 70-73, 2018

糖尿病治療の目標は、血糖、血圧、脂質、体重などを良好にコントロールすることで合併症を予防し、糖尿病患者が健康な人と変わらない生活を送れるようにすることです。さまざまな食事療法のアプローチがありま...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/08/17

特集 糖尿病治療薬の循環器系への作用~その光と影~ GLP-1受容体作動薬

加藤彩美/南尚賢/阿古潤哉

Pharma Medica Vol.36 No.6, 47-51, 2018

GLP-1(glucagon-like peptide-1)受容体作動薬は,血糖依存的にインスリン分泌を増加させ,グルカゴン分泌を抑制する働きをもつ注射製剤である。近年,その血糖降下作用に加え,食...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/08/17

特集 糖尿病治療薬の循環器系への作用~その光と影~ DPP-4阻害薬

室原豊明

Pharma Medica Vol.36 No.6, 41-45, 2018

インクレチンは食後の血糖値上昇に伴い腸上皮細胞から分泌される消化管ホルモンで,なかでも十二指腸のK細胞から分泌されるglucose-dependent insulinotropic polypept...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/08/17

特集 糖尿病治療薬の循環器系への作用~その光と影~ ピオグリタゾン ~心血管イベント抑制効果を中心に~

市川啓之/伊藤浩

Pharma Medica Vol.36 No.6, 37-40, 2018

2型糖尿病はインスリン抵抗性を基盤としており,慢性的な高血糖により心血管イベントをはじめとするさまざまな合併症を発症する。ピオグリタゾンは核内受容体PPARγのアゴニスト作用を介して,インスリン...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/08/17

特集 糖尿病治療薬の循環器系への作用~その光と影~ α-GI薬で心血管疾患リスクは低下するのか

金智隆/北風政史

Pharma Medica Vol.36 No.6, 33-36, 2018

α-GI(α-glucosidase inhibitor)薬は文字通り,α-グルコシダーゼを阻害することにより,腸で二糖類が単糖に分解されるのを防ぎ,グルコースの吸収を緩徐にする薬剤である。α-G...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/08/17

特集 糖尿病治療薬の循環器系への作用~その光と影~ グリニド

黒住旭/岡田洋右

Pharma Medica Vol.36 No.6, 27-32, 2018

2型糖尿病は,インスリン分泌低下とインスリン抵抗性を背景に相対的なインスリン作用不足により発症する疾患である。特に日本人の2型糖尿病患者では,食後のインスリン初期分泌反応が低下している。速効型イ...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/08/17

特集 糖尿病治療薬の循環器系への作用~その光と影~ メトホルミン

常見亜佐子/綿田裕孝

Pharma Medica Vol.36 No.6, 21-25, 2018

メトホルミンは現在の2型糖尿病治療における経口血糖降下薬の第一選択として世界的に推奨されており,その地位を確立している。2006年に初めて米国糖尿病学会(American Diabetes Asso...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/08/17

特集 糖尿病治療薬の循環器系への作用~その光と影~ SU薬は諸刃の剣か

野見山崇/柳瀬敏彦

Pharma Medica Vol.36 No.6, 15-19, 2018

21世紀初頭は,まさに糖尿病診療激動の時代といえる。ここ最近20年間で多種多様な糖尿病治療薬が開発・臨床応用され,多くのエビデンスの蓄積とともに,われわれの薬剤選択も大きな変貌を遂げた。なかでも...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/08/17

特集 糖尿病治療薬の循環器系への作用~その光と影~ インスリン

島袋充生

Pharma Medica Vol.36 No.6, 9-14, 2018

インスリン製剤は作用時間特性から,超速効型インスリン製剤,速効型インスリン製剤,中間型(NPH)インスリン製剤,持効型溶解インスリン製剤,および速効型と中間型の混合型インスリン製剤,超速効型とN...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/08/17

特集 糖尿病治療薬の循環器系への作用~その光と影~ 特集にあたって

野出孝一

Pharma Medica Vol.36 No.6, 7-8, 2018

わが国の糖尿病治療ガイドでは,薬物治療の方針を検討する際,薬理作用の異なる複数の糖尿病治療薬の中から患者の病態に応じた選択を行うことが推奨されているのは周知の通りである。高血糖・糖代謝障害は,膵...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/09

2017年度日本再生医療学会Johnson&Johnson Innovation Award 再生医療用ヒト心筋組織開発

松浦勝久

再生医療 Vol.17 No.1, 90-97, 2018

全身に血液を送り出す上で最も重要であるヒトの左心室には,およそ100億個の細胞が存在すると考えられている。また心臓組織には,収縮・弛緩を繰り返すため心筋細胞のみならず,間質には線維芽細胞や血管内...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/09

患者まで届いている再生医療 体性幹細胞を用いた血管新生療法

近藤和久/林田竜/清水優樹/柴田玲/室原豊明

再生医療 Vol.16 No.4, 57-63, 2017

動脈硬化を基盤とする虚血性疾患(虚血性心疾患・脳血管障害・末梢動脈閉塞性疾患など)にとって加齢は重大なリスク要因であり,世界に先駆けて超高齢社会に突入したわが国においてもその罹患数は増加傾向にあ...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/09

私のモチベーション 与えられた場で最善を尽くしてみえてくるもの

小川俊一

Fetal & Neonatal Medicine Vol.9 No.3, 42-45, 2017

1979年に日本医科大学を卒業し,そのまま母校の小児科学教室に入局しました。単純に子どもが好きという理由で,学生時代から小児科医になろうと決めていたからです。入局当時は植田穣教授のご専門であった...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/09

Message from Frontier 周産期生理学を踏まえて診る胎児心拍数モニタリング

村田雄二

Fetal & Neonatal Medicine Vol.9 No.3, 18-21, 2017

超音波や内視鏡などの科学的な方法論をもたなかった頃は,子宮内という特別に隔離された環境にいる胎児の診断・治療を行うことは至極困難であった。社会医療法人生長会医学教育センター長/周産期医療研究所長...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/09

座談会(Round Table Discussion) 先天性心疾患手術の今後の展望

住友直方/角秀秋/山岸正明/坂本喜三郎

Fetal & Neonatal Medicine Vol.9 No.3, 8-16, 2017

先天性心疾患の発生頻度は新生児の約1%といわれており,この頻度は時代によって変化しないと考えられる。わが国の年次推移では新生児の出生数は減少しているため,先天性心疾患の発生数もこれに伴い減少傾向...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/09

目で見る胎児・新生児の病態 胎児心エコーによる先天性心疾患の診断 ①胎児心エコーの基本と完全大血管転位

住友直方/安河内聰

Fetal & Neonatal Medicine Vol.9 No.3, 5-6, 2017

総括コメント:胎児心エコーによる先天性心疾患の診断は目覚ましい進歩を遂げ,多くの先天性心疾患が出生前に診断されるようになってきている。特に左心低形成症候群,大血管転位,肺動脈閉鎖などの重症先天性...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/06

特集 プレシジョン・メディシンとアンチエイジング 虚血性心疾患の分子遺伝学

尾崎浩一

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.5, 27-35, 2017

虚血性心疾患(coronary artery disease:CAD)である心筋梗塞(myocardial infarction:MI)における一塩基多型(single nucleotide polymo...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/06

Theme 新世代の分子標的治療 新世代の分子標的治療 悪性リンパ腫

加藤光次

がん分子標的治療 Vol.15 No.3, 15-21, 2017

悪性リンパ腫は,2016年に改訂された新しい世界保健機関(WHO)分類において,亜型まで含めると約100種類近くに分類される。一方,多彩な病型にもかかわらず,初回治療は画一的なCHOP療法もしく...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す