• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2017/07/27

特集 呼吸リハビリテーション:サイエンスからみた将来展望 運動中の心血管系事故を防ぐ

後藤葉一

THE LUNG perspectives Vol.24 No.4, 62-68, 2016

呼吸リハビリテーションに参加する患者は喫煙歴のある高齢者が多く,心疾患,特に虚血性心疾患合併率が一般人口より高いので,運動中の心血管系事故を防止する方策が必要である。運動中の心血管系有害事象とし...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/13

特集 画像からみたアンチエイジング 画像からみた心・血管のアンチエイジング

米山喜平/田中修

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.1, 51-57, 2017

生命予後に重要な慢性疾患(高血圧,糖尿病,認知症,がん,心血管病,骨粗鬆症など)はしばしば人生の終盤に起こるため,年齢は最も重要な予後予測の一つである1)。年齢は変化させることができない因子であ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/13

エイジングサイエンス 第48回 天然ポリアミン、スペルミジンによる心保護と寿命延長

門野至/小倉慶雄/古家大祐

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.1, 120-123, 2017

人類は老化するにつれて心臓のリモデリングによる肥大がみられ,左室拡張能が進行性に低下する。この拡張能異常は65歳以上の人の20%以上に認められ,拡張能障害はうっ血性心不全の発症リスク増大につなが...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/22

目でみるページ Cardiovascular Pathology 致死的な転帰を示した広範性肺動脈血栓塞栓症

加藤誠也

CARDIAC PRACTICE Vol.28 No.1, 7-11, 2017

病理解剖の依頼にもしばしば来院時心肺停止(cardiopulmonary arrest on arrival:CPAOA)の症例が含まれている(病死が明らかで事件性のないことを前提に病理解剖が許される...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/22

循環器疾患研究を支えた人々 「小澤高将」

杉山理

CARDIAC PRACTICE Vol.28 No.1, 78-79, 2017

ミトコンドリア学の泰斗,小澤高将教授が退官されて二昔になる。小澤教授が言われていたように,病態代謝でのミトコンドリアの意義は増々重要視されるようになってきている。ここで小澤教授の研究を振り返って...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/22

EBM Hot Flash 「LEADER」

高橋友乃/小田原雅人

CARDIAC PRACTICE Vol.28 No.1, 75-77, 2017

現在インクレチン関連薬には,dipeptidyl peptidase-4(DPP-4)阻害薬とGlucagon-like peptide-1 receptor agonist(GLP-1RA)がある。米...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/22

特集 呼吸器疾患と循環器疾患 座談会 息切れの診断・治療のポイント

伊藤正明/百村伸一/佐田誠/大西勝也

CARDIAC PRACTICE Vol.28 No.1, 67-74, 2017

伊藤:高齢化が進行する中で循環器疾患や呼吸器疾患は非常に増えており,その大きな症状として息切れがあります。心臓と肺は関連があり,循環器内科医も呼吸器疾患の病態生理を知って診療を進めていく必要があ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/22

特集 呼吸器疾患と循環器疾患 トピック 睡眠時無呼吸と心疾患:呼吸への介入は予後改善につながるのか?

百村伸一

CARDIAC PRACTICE Vol.28 No.1, 61-66, 2017

睡眠呼吸障害(sleep disordered breathing:SDB)は気道の閉塞による閉塞性睡眠時無呼吸(obstructive sleep apnea:OSA)と呼吸中枢からの呼吸ドライブの抑...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/22

特集 呼吸器疾患と循環器疾患 トピック 心不全時の呼吸動態

麻野井英次

CARDIAC PRACTICE Vol.28 No.1, 55-58, 2017

息切れは心不全患者の主な自覚症状であり患者の生活の質を大きく損なうだけでなく,呼吸様式がまた心不全の増悪にもかかわっていることがわかってきた。心不全患者に認められる安静時の呼吸様式の異常には,浅...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/22

特集 呼吸器疾患と循環器疾患 臨床 喫煙の循環器疾患への影響

石井秀樹

CARDIAC PRACTICE Vol.28 No.1, 51-54, 2017

喫煙がさまざまな疾患の発症との関連があることは広く知られている。50歳以上の日本人男女における死亡に対する喫煙の寄与割合は男性22%,女性13%1)ときわめて高く,肺がんや慢性閉塞性肺疾患などの...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/22

特集 呼吸器疾患と循環器疾患 臨床 心疾患患者に潜在するCOPDの診断と治療

佐田誠

CARDIAC PRACTICE Vol.28 No.1, 43-50, 2017

慢性閉塞性肺疾患(chronic obstructive pulmonary disease:COPD)は全身性炎症性疾患ともいわれ,肺で生じた炎症が全身に波及し,種々の臓器にさまざまな併存症を有する...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/22

特集 呼吸器疾患と循環器疾患 臨床 呼吸器疾患に伴う肺高血圧症の診断と治療

木村弘

CARDIAC PRACTICE Vol.28 No.1, 37-42, 2017

肺高血圧症(pulmonary hypertension:PH)における症状は労作時呼吸困難,易疲労感,浮腫など非特異的である。このため原因不明の労作時呼吸困難を呈する患者では,常にPHを念頭にお...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/22

特集 呼吸器疾患と循環器疾患 臨床 呼吸器疾患患者における心機能評価の重要性

土肥薫/伊藤正明

CARDIAC PRACTICE Vol.28 No.1, 33-36, 2017

人口の高齢化に伴い,慢性閉塞性肺疾患(chronic obstructive pulmonary disease:COPD)を中心とした慢性呼吸器疾患と慢性心不全を有する患者数は共に増加し,両疾患が合...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/22

特集 呼吸器疾患と循環器疾患 臨床 循環器疾患患者における呼吸機能検査の重要性

清水薫子/西村正治

CARDIAC PRACTICE Vol.28 No.1, 27-32, 2017

息切れは呼吸器疾患,循環器疾患の代表的な症状である。そのため循環器疾患を有する患者であっても専門領域の検索だけでなく,一度は呼吸機能検査の実施が重要である。特に喫煙者(過去喫煙者を含む)の場合に...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/22

特集 呼吸器疾患と循環器疾患 基礎 呼吸器疾患に伴う肺高血圧症の分子メカニズム

和田洋典/花岡正幸

CARDIAC PRACTICE Vol.28 No.1, 23-26, 2017

肺高血圧症(pulmonary hypertension:PH)とは,肺血管収縮,肺動脈内皮障害,肺血管リモデリングにより安静臥位での平均肺動脈圧(mPAP)が25mmHg以上の上昇を認める病態の...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/22

特集 呼吸器疾患と循環器疾患 基礎 COPD と血管病変

穴澤梨江/伊狩潤/巽浩一郎

CARDIAC PRACTICE Vol.28 No.1, 17-21, 2017

慢性閉塞性肺疾患(chronic obstructive pulmonary disease:COPD)は,タバコ煙などの有害物質を長期間吸入曝露することで生じる肺の炎症性疾患である。呼吸機能検査で正...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/22

特集 呼吸器疾患と循環器疾患 総論

伊藤正明

CARDIAC PRACTICE Vol.28 No.1, 15, 2017

組織に酸素を供給するという点から,肺と心臓・血管は血液を介して連動し,二人三脚で絶え間なく機能して,生命の恒常性維持という重要な機能を担っている。これら臓器はお互いに機能を補うこともあるが,臓器...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/15

特集 2型糖尿病の最新治療のために必要な知識 SGLT2阻害薬の思いがけない作用

久米真司/前川聡

Pharma Medica Vol.35 No.4, 49-52, 2017

ナトリウム・グルコース共役輸送体2(sodium glucose transporter 2;SGLT2)阻害薬が糖尿病治療薬として臨床応用されるようになり,その有効性に多くの関心が寄せられている。S...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/15

特集 2型糖尿病の最新治療のために必要な知識 インクレチン関連製剤に関する最新の知見 

三田智也

Pharma Medica Vol.35 No.4, 43-48, 2017

インクレチン関連製剤であるDPP-4(dipeptidyl peptidase-4)阻害薬やGLP-1(glucagon-like peptide-1)受容体作動薬は,確実な血糖降下作用を有し,単剤...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/15

特集 2型糖尿病の最新治療のために必要な知識 現在の心不全の考え方と糖尿病との関係 

大西勝也

Pharma Medica Vol.35 No.4, 19-24, 2017

心不全患者は年々増加しており,循環器疾患の最も重要な問題の1つとなっている。糖尿病が虚血性心疾患の独立した危険因子であることは周知されているが,糖尿病と非虚血性心不全との関係についてはいまだ明確...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す