category02.gif


早期大腸癌の画像診断~現況と将来展望

拡大内視鏡検査
―pit pattern診断―

大腸癌FRONTIER Vol.2 No.4, 32-37, 2009

長谷川申鶴田修河野弘志有田桂子前山泰彦光山慶一佐田通夫

『Summary』 拡大観察を用いたpit pattern診断学は, 腺管開口部の形態を観察することにより大腸上皮性病変の質・深達度診断をするものである. pit pattern診断学が確立された今日においては, 内視鏡検査で病変を確認すると, 瞬時に質診断(腫瘍・非腫瘍の鑑別)および量診断(深達度診断)ができ, 病理組織診断を待たずして内視鏡の所見から組織構築を想定することができるようになり, 治療方針を選択できるようになった. 当科の検討では, pit patternの質診断能(癌診断能)は全体正診率80.0%, 感度42.9%, 特異度98.8%で, 深達度診断能(pSM-m以深癌の診断能)は, 全体正診率85.7%, 感度82.1%, 特異度88.1%, と高い診断能を示した. しかしpit pattern診断からわかるものは病変最表層部の構造異型と腺管密度であり, 深部を直接観察したものではなく, あくまで表面構造から深部の状況を間接的に推察する診断学であることや粘液などの病変表面の付着物の存在により診断能が下がることなどを理解し, またpit pattern診断そのものに限界があることを承知していなければならない.

⇒全文を見る

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。
  • Google検索で記事を検索

    記事タイトル、執筆者名、掲載雑誌名などのキーワードで検索できます。
日常臨床ですぐ使え実践的で、症例データベースサイト“Case Library”との連携が便利な症例集シリーズ“Case Library Series”
2014年学会カレンダー 学会代表者からのメッセージもございます!
国際学会発表 世界に伝わる情報発信術指南「流れがわかる英語プレゼンテーション How To」 佐藤雅昭・著
COPD Selected Papers Online COPDに関する論文紹介 著名編集委員が厳選した最新の文献をご覧頂けます。
新刊・定期媒体のご紹介・ご購入はこちら メディカルレビュー社 医学書の編集、印刷、出版
メールマガジン「M-Review Highlight」配信中!
 
対談「時空を超えて皮膚免疫反応をこの眼で見る」 M-Review限定 二光子励起顕微鏡による細胞の観察動画 公開中