category02.gif


新しく解明されつつある血栓の増大と成長の分子細胞機構

血栓の増大・成長とマイクロパーティクル

血管医学 Vol.12 No.2, 41-48, 2011

藤田真也野村昌作

Summary
止血機構は,血管からの血液の流出を防ぐという生体にとって重要な防御機構のひとつである.ある種の刺激によって細胞が活性化状態になったり,アポトーシスが誘導されたりすると,その細胞からマイクロパーティクル(microparticle;MP)が遊離されてくる.代表的なMPは,血小板に由来するものであり,血小板凝固活性の主要な部分を占めている.MPは凝固を促進する以外にも数多くの機能をもっている.血栓形成反応において,活性化された血小板は表面膜を介してプロトロンビナーゼ複合体を形成する.この活性は血小板由来MPに大きく依存しており,動脈硬化の進展にも深くかかわっている.組織因子を発現したMPは,血栓形成のメカニズムにおいて重要な役割を果たしており,とくに可溶性CD40リガンドとともに血栓の増大・安定化に深くかかわっている.

⇒全文を見る

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

【PR広告】

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す