category02.gif


NASH

Ⅱ.基礎的メカニズムの解明 NASHモデル

The Lipid Vol.21 No.3, 38-45, 2010

池嶋健一宮地隆史渡辺純夫

[Summary]非アルコール性脂肪肝炎(NASH)の詳細な病態解明や新規治療法の確立にはモデル動物を用いた解析が不可欠である. 脂肪性肝炎をきたすモデルとしては, 食餌負荷, 自然発症の遺伝子異常を有する動物に加え, 数種のノックアウトやトランスジェニックマウスが報告されている. しかしながら, ヒトのNASHに完全に合致するモデルは存在せず, それぞれのモデルの利点と短所を把握した上で結果を検証することが重要である. 「はじめに」非アルコール性脂肪肝炎(NASH)を含む非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)が, とりわけメタボリックシンドロームとの関連から脚光を浴びている. 肝臓への脂肪蓄積そのものは, 栄養素の備蓄という肝臓が本来有する機能の一環として生じるが, 過剰な脂肪沈着は酸化ストレスの増大や自然免疫系を介した炎症反応の惹起ときわめて密接な関連があり, 脂肪性肝炎として進行性の肝疾患を惹起しうる.

⇒全文を見る

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

【PR広告】

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す