category13.gif


特集 整形外科領域と再生医療

神経再生 iPS細胞と人工神経を用いた末梢神経再生治療開発

Pharma Medica Vol.31 No.4, 37-42, 2013

上村卓也高松聖仁中村博亮

「はじめに」山中伸弥教授は人工多能性幹細胞(induced pluripotent stem cell;iPS細胞)の発見により, 2012年ノーベル医学・生理学賞を受賞した1). iPS細胞は現在再生医療において最も脚光を浴びている幹細胞の1つである. 再生医療とは, iPS細胞を含めさまざまな細胞を用いて傷害された生体組織を再生させることであるが, 細胞を生体組織に再生誘導させるために, 細胞が分化・増殖しやすい周辺環境つまり足場を設定することが不可欠である. またこの足場に成長因子を付加することで, 細胞が効率よく分化・増殖可能となり, 組織再生が促進される. つまり再生医療では細胞, 足場, 成長因子の三要素をうまく組み合わせることが肝要である2). 整形外科領域において四肢の末梢神経欠損に対しては, 従来, 自家神経による移植治療を行っていた. 自家神経の採取に伴う正常神経の犠牲や採取長の制限などの問題を克服すべく, 末梢神経の再生医療の研究ではさまざまな人工神経の開発が行われてきた3).


※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

【PR広告】

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す