category02.gif


消化器疾患に対する内視鏡診療の進歩

特集にあたって

Pharma Medica Vol.27 No.3, 7, 2009

酒井敬介幕内雅敏

内視鏡の起源は1853年にフランスのデソルモが尿道や膀胱を観察する器械に命名したことに始まる. 以来150年以上かけて, 人体内部をより詳細に観察したいという人類の希望のもと, ハード面, 技術面の両面で内視鏡技術は発展を重ねてきた. 日本では, 1950年に世界ではじめての胃カメラが宇治達郎, 杉浦睦夫らにより開発された. 1960年代に小黒八七郎らによる胃カメラを使った早期胃癌の診断法確立により, 急速に日本から世界へ消化器内視鏡技術が広がった. また, 対象臓器も大腸, 肺, 胆膵と広がっていった. やはり1960年代に米国のBasil Hirschowitzにより, ファイバースコープが開発され, リアルタイムで消化管内を観察できるようになった. 近年は, アナログからデシタルへの変化, コンピュータの高性能化, 光学技術の進歩などが協調し, 画像診断のみならず, 質的な診断も可能となってきた. 詳細な診断法として, 画像強調観察法(拡大内視鏡, 蛍光内視鏡, NBI, FICEなど)や顕微鏡内視鏡が開発された.

⇒全文を見る

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

【PR広告】

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す