category13.gif


New Arrival Headline 新着文献ヘッドライン

Paper No.1 経口ビタミンDは日焼けによる炎症を急速に軽減する:介入研究

Bella Pelle Vol.2 No.4, 66, 2017

村本睦子

ビタミンDのさまざまな免疫調節効果が認識されるようになってきたが,ヒトin vivoにおいて,経口ビタミンDが急性炎症を抑制することは立証されていない.二重盲検プラセボ対照試験において,20人の健常成人をプラセボ投与群あるいは高用量のビタミンD3(コレカルシフェロール)投与群にランダムに割り付けた(紅斑誘発量の紫外線照射による実験的日焼け誘導から1時間後に投与).


※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

【PR広告】

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す