category13.gif


特集 たるみ

Feature Articles 特集論文 2. たるみは解決できるか ②糸による治療

Bella Pelle Vol.2 No.4, 24-29, 2017

鈴木芳郎

たるみの治療においては,100年以上前からフェイスリフト手術による引き上げが行われてきた.すべてのたるみを解消し得るわけではないが,たるんだ組織が全体的に引き上げられて若い頃の位置に戻されることで,結果的にたるみが目立たなくなり若返る.このように,たるみの主因は組織の下垂であるため,根本的な解決には組織の引き上げが必要になってくる.われわれは,この引き上げを行うために以前からフェイスリフト手術という形で切開,剝離,組織の引き上げ固定,余剰皮膚の切除,縫合という一連の操作を長年行ってきたが,この操作はどうしても侵襲が高くなる傾向にあった.傷跡も考慮する必要があり,ある程度のリスク(顔面神経麻痺など)も伴い,さらに術後のダウンタイムが長期化するということで,簡単に受けられる一般的な治療にはなり得なかった.


※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

【PR広告】

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す