category13.gif


Theme 難治性肺高血圧症診療の経験から学ぶ Round Table Discussion

難治性肺高血圧症診療の経験から学ぶ

Pulmonary Hypertension Update Vol.3 No.2, 14-24, 2017

佐藤徹桑名正隆田邉信宏波多野将

肺高血圧症(PH),特に肺動脈性肺高血圧症(PAH)の薬物療法においては過去20年の間に大きなブレークスルーがあり,その予後は著明に改善した。しかし依然として難治性症例は存在しており,その診療経験から学ぶべきことは多い。本座談会では現在においても難治性と考えられる病態について概説し,次いでどのような治療が現在行われているのか,またどのような治療が今後必要か,特発性/遺伝性PAH(I/H-PAH),結合組織病に伴うPAH(CTD-PAH),呼吸器疾患/低酸素血症に伴うPH(第3群),慢性血栓塞栓性肺高血圧症(CTEPH)についてディスカッションいただいた。


※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

【PR広告】

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す