category13.gif


State of the art Resected and discardは患者さんの治療に貢献するか

Resect and Discard strategyは患者さんの治療に貢献しうる(内視鏡医の立場から)

大腸がんperspective Vol.3 No.1, 20-24, 2016

竹内洋司花房正雄上堂文也石原立飯石浩康

「Summary」高確信度の内視鏡診断に基づいた小ポリープの治療方針の決定,および推奨される次回検査間隔の予測により,不必要な治療の削減および病理検査の省略を提言した“Resect and Discard” strategyは,1)内視鏡治療の有害事象の低減,および2)患者負担の軽減,につながり,患者さんの治療に貢献しうる。さらに診療の効率化は他の患者さんに対するよりよい医療の提供にも貢献する。しかしながら,不正確な診断に基づく同strategyは,腺腫の放置,不適切な検査間隔の提供,浸潤癌の不十分な治療につながりかねず,患者さんの不利益にも生じかねない。“Resect and Discard” strategyを実践するには安全性を担保するための条件や対策などが議論されるべきである。
「Key words」大腸ポリープ,大腸内視鏡,狭帯域フィルター内視鏡,サーベイランス大腸内視鏡,Resect and discard


※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

【PR広告】

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す