category13.gif


Learn more from previous clinical trial

RET肺がんに対する臨床試験

がん分子標的治療 Vol.15 No.3, 95-97, 2017

葉清隆

近年,進行非小細胞肺がんの治療において,上皮成長因子受容体(EGFR)やALKROS1などのドライバー変異に基づく分子標的薬による個別化医療(precision medicine)が実現している。その後も,非小細胞肺がんの治療標的となりうる新たなドライバー変異は次々に同定され,2012年にはRET融合遺伝子が国内外の4つの研究チームより同時期に報告された。本稿では,RET融合遺伝子陽性の非小細胞肺がん(RET肺がん)に対する個別化医療の開発状況について,これまでに行われたRET阻害薬の臨床試験の結果を中心に解説する。


※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

【PR広告】

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す