category13.gif


Theme 免疫療法の新しい展開

免疫療法を含む併用療法 免疫療法と殺細胞性抗がん剤の併用

がん分子標的治療 Vol.15 No.2, 42-45, 2017

赤松弘朗

免疫チェックポイント阻害薬と他剤の併用は数多くのがん腫において検討されており,殺細胞性抗がん剤との併用はそのなかでも期待される治療戦略の1つである。殺細胞性抗がん剤によってがん細胞の直接的な傷害が生じ,多くのがん抗原が放出されるため,免疫チェックポイント阻害薬を併用することで効果が増強すると考えられている。ニボルマブについては第Ⅰ相臨床試験,ペムブロリズマブについては無作為化第Ⅱ相臨床試験がすでに報告され,さらに多くのレジメンとの併用を検証する第Ⅲ相臨床試験が進行中である。一方,最適なレジメンや併用時期,対象集団に関しては今後解決すべき課題と考えられる。
「KEY WORDS」ニボルマブ,ペムブロリズマブ,カルボプラチン,ペメトレキセド


※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

【PR広告】

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す