category13.gif


Learn more from previous clinical trial

術前抗HER2療法

がん分子標的治療 Vol.15 No.1, 72-75, 2017

永井成勲

トラスツズマブの登場により,ヒト上皮成長因子受容体(HER)2陽性の転移・再発および早期乳がんの予後が著しく改善した。現在,複数の抗HER2薬が転移・再発乳がんで標準治療薬として用いられている。今日では乳がんのサブタイプ分類が広く認識され,術前治療の効果もサブタイプごとに異なることが知られている。HER2陽性乳がんは術前治療の効果が高く,病理学的完全奏効(pathological CR;pCR)率を主要評価項目とした術前抗HER2療法の臨床試験が盛んに行われるようになった。本稿では,主な術前抗HER2療法の臨床試験を取り上げ,利点と課題について記述する。


※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

【PR広告】

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す