category13.gif


Basic & Clinical Topics

[基礎②]カロリー制限食がtype2免疫応答を介して白色脂肪細胞の褐色化を促進する

DIABETES UPDATE Vol.6 No.2, 18-19, 2017

窪田哲也窪田直人門脇孝

白色脂肪組織でも寒冷刺激などにより,通常は発現しない熱産生を担う褐色脂肪細胞特異的なuncoupling protein 1(UCP1)の発現が観察されるようになる。このような誘導型の褐色脂肪細胞はbeige(ベージュ)細胞と呼ばれ,白色脂肪組織の褐色化(browning)を促進し,生体内のエネルギー消費を増加させることにより,肥満やインスリン抵抗性を改善することが知られている。しかしながら,白色脂肪組織のbrowning調節機構については十分に解明されていない。著者らはカロリー制限食で認められる肥満や耐糖能改善メカニズムに,白色脂肪組織のbrowningが関与しているかどうか検討した。


※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

【PR広告】

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す