category13.gif


座談会(Round Table Discussion)

運動器慢性痛に対するチームアプローチ
―立ち上げと実践,その効果―

Locomotive Pain Frontier Vol.6 No.1, 5-13, 2017

矢吹省司池本竜則髙橋直人鉄永倫子

運動器慢性痛の原因および症状は多様であり,また治療の長期化に伴って患者の生活の質(QOL)および日常生活活動(ADL)にも悪影響を与えることから,患者満足度も低くドロップアウトする症例も少なくない。実際,個々の診療科での対応では自ずと限界があり,近年は集学的アプローチが非常に注目されるようになってきた。ただ,チームアプローチを考えている施設は多いと思われるが,実際には問題が多くなかなか立ち上がらないのが実情である。そこで今回は,「運動器慢性痛に対するチームアプローチ」と題して座談会を行い,立ち上げと実践およびその効果などの経験を通して,今後チームによる集学的治療を企画されている医療者の参考に供したいと思う。


※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

【PR広告】

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す