category13.gif


座談会(Round Table Discussion)

本邦におけるオピオイド治療の展望

Locomotive Pain Frontier Vol.5 No.2, 5-13, 2016

山口重樹境徹也二階堂琢也西原真理

がん性疼痛におけるオピオイド治療と非がん性慢性疼痛におけるオピオイド治療はまったく異なっており,前者は多くの国で成熟してきたものの,後者についてはまだまだ見直さなければならない点が多く指摘されている。今回は,「本邦におけるオピオイド治療の展望」と題してがん性疼痛におけるオピオイド治療の概要を述べるとともに,非がん性の慢性疼痛,特に運動器疼痛におけるオピオイド治療の現状や問題点,さらにはオピオイド治療を適正にしていくための方向性について座談会を行った。


※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

【PR広告】

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す