category13.gif


私のモチベーション

救命した子どもの成長を見守り続ける

Fetal & Neonatal Medicine Vol.9 No.1, 37-39, 2017

中川直美

学生時代から生涯を通して患者さんを診ることや外科系に興味をもっていたので,将来的には小児外科医になりたいと思っていました。しかし,当時の岡山大学には小児外科の講座がなかったため,どうすれば小児外科医になれるのかがよくわからないまま,まず小児科の入局説明会に参加しました。そのときに当科の主任部長である鎌田政博先生(写真1)に「小児外科医になりたいなら,まず小児内科からはじめてみて小児とは何かを勉強してはどうか」と助言されました。小児外科は外科のサブデパートメントなので,今なら外科に入局しなければならないことがわかっていますが,当時の私はそこまでの理解もなく小児科に入局しました。


※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

【PR広告】

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す