category13.gif


誌上ディベート

7T MRIは臨床に役立つか?
「Yes」の立場から

Frontiers in Parkinson Disease Vol.10 No.2, 18-21, 2017

福山秀直

まず,最初に述べておく必要があるのは,現在の日本では,7TのMRIは,一般臨床用には,医薬品医療機器総合機構(Pharmaceuticals and Medical Devices Agency:PMDA)で認可されていないという点である。国際的には2015年,国際電気標準会議(International Electrotechnical Commission:IEC)が,8TまでのMRIはヒトに使うことを認めたので,その後,国際標準化機構(International Organization for Standardization:ISO)も認可することになった。しかし,まだ日本の日本画像医療システム工業会(Japan Medical Imaging and Radiological System Industries Association:JIRA)は認可していないため,PMDAにも認可の申請がされていないようである。

本企画は問題点をよりクローズアップすることを目的としており,このテーマに対して,あえて一方の見地に立った場合の議論であって,必ずしも論者自身の確定した意見ではありません。

・「Yes」の立場から/福山秀直
「No」の立場から/花川隆


※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

【PR広告】

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す