category13.gif


座談会(Round Table Discussion)

α-シヌクレイノパチーとマイトファジー研究の現在と今後の展望

Frontiers in Parkinson Disease Vol.10 No.1, 7-16, 2017

髙橋良輔Glenda Halliday長谷川成人服部信孝松田憲之José A. Obeso

パーキンソン病(PD)が感染症のように,ヒトからヒトに伝染するとしたら…。近年,α-シヌクレイン(α-syn)がプリオンと共通している性質をもち,さらに細胞間を伝播することから,疾患が「感染症や癌のように伝播するのではないか」という議論が起こっている。α-synがどのように伝播し,PDの病態が拡がっていくのか,そのメカニズムを明らかにするため,現在も研究が進んでいる。今回は豪州よりGlenda Halliday 先生をお招きし,PDをはじめとするα-シヌクレイノパチーの研究について,また松田憲之先生にはPDにおけるマイトファジー研究についてご解説いただき,現状と今後の展望をご討議いただいた。


※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

【PR広告】

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す