category13.gif


特集 腸内フローラ研究の最前線

1 大腸癌と腸内フローラ

THE GI FOREFRONT Vol.13 No.1, 18-24, 2017

内藤裕二

大腸発癌モデルを用いた実験により,腸内フローラが大腸発癌を促進し,無菌状態,抗生物質投与が発癌を抑制することが明らかになった。ヒト大腸癌組織を用いた腸内フローラのメタゲノム解析の結果,Fusobacterium nucleatumが特異的に検出され,組織内に侵入した同菌の癌浸潤,転移との関連が示唆されている。腸内フローラあるいはその代謝物による癌増殖亢進作用,腫瘍免疫抑制作用の分子機構も明らかとなりつつある。


※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

【PR広告】

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す