category13.gif


誌上ディベート

歯ぎしりにボツリヌス治療は有効か?

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.3, 77, 2017

坪田一男

今回は自身の体験から問題提起した。自分の歯は審美歯科医である弟の坪田健嗣(フォーラムデンタルクリニック)に長年診てもらっていて,いつもきれいな白い歯を保てて大満足している。しかしながら,一つだけ問題があった。昔から超ごきげんに生きているつもりなのだが,どうも睡眠時の食いしばりはすごいらしいのだ(原因はストレスといわれている)。15年以上前から就寝時にデンタルガードを使用して歯を守っているのだが,それでも先日,左の下の歯にくいしばりのための炎症が起きて抜歯せざるを得なくなった。デンタルガードをしていても,朝起きたときに歯が痛かったり,冷たい水が歯にしみたりすることがあって困っていたのだ。そんななか,たまたま講演をしていただいた宇津木龍一先生(クリニック宇津木流)に頬にボトックスを打ってもらったところ,劇的に改善。感謝!感謝!
早速弟に,宇津木先生に弟子入りして技術を習得してもらっている。今回はこの体験を,サイエンスをもとに吉田和也先生にYES,馬場一美先生にNOの立場から論じていただいた。

「YES」の立場から/吉田和也
「NO」の立場から/馬場一美 ほか


※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

【PR広告】

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す