category13.gif


特集 糖尿病に合併する動脈硬化症

1.糖尿病専門医から診る動脈硬化症の病態と治療
3)インスリン抵抗性改善薬と動脈硬化

Angiology Frontier Vol.15 No.3, 34-39, 2016

荒川直子植木浩二郎

糖尿病は,動脈硬化の進展の危険因子の1つである。大規模臨床試験の結果から,早期からの良好な血糖コントロールが長期的な心血管イベントの抑制につながることが明らかになっている。また,インスリン抵抗性改善薬であるビグアナイド薬,チアゾリジン薬と動脈硬化との関係も多くの臨床試験で検討され,動脈硬化進展予防に有用である報告が増えている。ビグアナイド薬は早期内服開始による血管内皮の保護,また良好な血糖コントロールによる心血管イベントの抑制などが示されており,チアゾリジン薬は心血管疾患の二次予防に有効であるとの報告もあり,インスリン抵抗性改善薬は血糖コントロール作用だけでなく,動脈硬化進展抑制に寄与している可能性がある。
「KEY WORDS」ビグアナイド薬,チアゾリジン薬,UKPDS,PROactive study


※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

【PR広告】

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す