category13.gif


特集 糖尿病に合併する動脈硬化症

糖尿病に合併する動脈硬化はどこまで解明されたか

Angiology Frontier Vol.15 No.3, 13-18, 2016

倉林正彦

糖尿病患者の大血管合併症の予防に関しては,現在議論が盛んである。新規糖尿病患者では長期間の血糖管理が「遺産効果」を発揮することがUKPDSで示されたが,ACCORD試験やADVANCE試験では,罹病期間が長く心血管リスクの高い2型糖尿病患者では強化血糖管理療法は有効でなかった。
本稿では,動脈硬化病変を形成する各細胞型において,血糖とインスリン抵抗性の影響について概説した。血管内皮細胞とマクロファージにおけるPI3キナーゼ・Aktシグナルの低下が,動脈硬化促進および壊死コア形成につながることが明らかにされている。
「KEY WORDS」インスリン抵抗性,血管内皮細胞,マクロファージ,壊死コア,小胞体ストレス


※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

【PR広告】

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す