category13.gif


日本糖尿病合併症学会

第30回日本糖尿病合併症学会
2015年11月27日(金)~28日(土):愛知

Angiology Frontier Vol.15 No.1, 67-69, 2016

保坂利男石田均

第30回日本糖尿病合併症学会は,愛知医科大学医学部内科学講座糖尿病内科 中村二郎教授が会長を務められ,2015年11月27日(金)~28日(土)にかけての2日間,愛知県産業労働センターウインクあいちで開催された。岐阜大学大学院医学系研究科内分泌代謝病態学 武田 純教授が会長を務められた第21回日本糖尿病眼学会総会との合同開催でもあった(写真1~3)。今回の学術総会で掲げられたテーマは,『糖尿病合併症克服の志を胸に』であり,眼学会との合同シンポジウムとして①糖尿病合併症の成因 Up to Date~その発症機序の解明に迫る~,②糖尿病合併症の疫学と最新の診断法について,③糖尿病合併症の治療~基礎から臨床へのアプローチ~,④糖尿病合併症の療養指導の4つが行われ,1400人を超える学会参加者となった。合同シンポジウムは,3大合併症と大血管障害に対して今後の日常診療で必要なすべてを得ることができるといっても過言ではない内容となっていた。


※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

【PR広告】

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す