category13.gif


特集 日常診療における脈管検査―目的とその意義

4.静脈エコー(表在静脈,深部静脈)
Venous duplex ultrasound(superficial and deep veins)

Angiology Frontier Vol.15 No.1, 35-39, 2016

小川智弘

「Summary」静脈疾患の診断には,静脈閉塞に加えて静脈逆流を評価することが必要であるが,血管エコーではどちらも解剖学的部位評価が可能であり,さらに無侵襲で繰り返しベッドサイドにて検査ができるため,いわゆる静脈疾患検査のゴールドスタンダードになりつつある。一方で,四肢全体の静脈逆流,閉塞の定量的評価には向いておらず,また検査精度が検査者の技量に左右される欠点もある。静脈疾患治療においても,より低侵襲かつ高い治療効果が求められ,術中ガイドや治療効果の評価に血管エコーの必要性が高まっている。
「Key words」血管エコー,深部静脈血栓症,慢性静脈不全,下肢静脈瘤


※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

【PR広告】

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す