category13.gif


特集 ストレスと心血管障害

特集にあたって

Angiology Frontier Vol.14 No.3, 10, 2015

井口登與志

生体は,常に生体の恒常性を乱すさまざまな環境因子や状態による刺激を受けている。この因子や状態がストレスであり,それに対して生体の恒常性を維持しようとする反応がストレス反応である。これらのストレス反応は,原因となる刺激の強さや長さによって身体に与える影響は異なっており,その過剰な刺激はさまざまな組織の恒常性を乱し,組織障害を惹起する。近年,心血管障害の成因として酸化ストレスや小胞体(ER)ストレス,そしてその他のさまざまなストレス反応が注目されている。そこで今号は,「ストレスと心血管障害」を特集テーマとして,さまざまなストレス反応とその心血管障害に果たす役割について,それぞれのエキスパートの先生に解説いただいた。①低酸素ストレスと腎障害,②熱ストレスとメタボリックシンドローム,③糖化ストレス:AGEsと心血管障害,④酸化ストレスと心不全,⑤酸化ストレスと糖尿病性血管障害,⑥精神・心理ストレスと心血管障害と,さまざまなストレス反応や病態の観点から解説いただいた。


※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

【PR広告】

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す