category13.gif


腎研究最前線―Up Date Nephrology

腎臓病領域への応用が期待される,他領域の医療発展に関する最新の知見(3)

Nephrology Frontier Vol.15 No.4, 75-77, 2016

内田梨沙南学正臣田中哲洋

NF-E2-related factor 2(Nrf2)は,酸化ストレスに対する細胞の防御応答を司る転写因子である.Nrf2を活性化させる薬剤として,近年バルドキソロンメチルが様々な疾患で着目されている.癌治療を目的に開発されたが,その経過で2型糖尿病を有する慢性腎臓病(CKD)や肺高血圧に有用であることが明らかとなり,現在臨床試験が進められている.2016年5月には,糖尿病を有するCKD患者を対象とした国内第Ⅱ相臨床試験(TSUBAKI試験)の中間解析で,イヌリンクリアランス法を用いてのGFR改善が発表され,今後治療への応用が期待される薬剤の1つである.本稿では,バルドキソロンメチルの腎保護効果や作用機序,そして臨床試験について概説する.
「KEY WORDS」バルドキソロンメチル,Nrf2,Keap1,糖尿病性腎症


※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

【PR広告】

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す