category13.gif


特集 血栓回収療法の実際

5. 血栓回収療法のテクニック(ステント型デバイス)

脳と循環 Vol.22 No.1, 45-50, 2017

今村博敏坂井信幸

ステント型血栓回収デバイスは,血栓回収療法の有効性を証明した2015年のランダム化比較試験において最も多く使用されたデバイスである.最大の特徴はその使用方法が容易であることであり,短時間で血栓を回収し,患者の予後を向上させるためのポイントについて紹介する.
「KEY WORDS」ステント型デバイス,血栓回収療法,flow restoration,穿刺-再開通時間,来院-再開通時間


※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

【PR広告】

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す