category13.gif


随想 外科治療における今後の展望

Surgery Frontier Vol.22 No.4, 90-117, 2015

小川道雄後藤満一平田公一森正樹北川雄光石井秀始猪股雅史岡野光夫北島政樹見城明斎藤拓朗杉原健一田原秀晃土岐祐一郎馬場秀夫宮田裕章大和雅之山本浩文

「侵襲学関連分野の統合を─外科臨床のさらなる進歩をはかるために─」
『Surgery Frontier』誌創刊のころ
「一般外科医に必要な手術と周術期管理のための新しい雑誌を作りたい」とメディカルレビュー社の松岡光明社長が熊本大学の教授室に来訪されたのは,22年前の1993年6月8日のことである。話は大いにはずみ,外科臨床の基礎となる侵襲学を確立したいという筆者の考えに賛同していただいたので,お受けすることにした。その日のうちに編集方針と編集委員にお願いしたい先生方を決めた。翌1994年6月に『Surgery Frontier』誌第1号が刊行された。巻頭に筆者の考えてきたことを,「創刊のことば」として載せてもらった。(小川道雄)


※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

【PR広告】

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す