category13.gif


特集 呼吸器在宅医療のサイエンス

呼吸器終末期患者の在宅支援

THE LUNG perspectives Vol.25 No.1, 32-34, 2017

越川貴史

終末期患者の在宅支援は,本邦の医療事情により複雑化している。緩和ケアについても緩和ケア病棟の施設基準の改定により在宅医療との密接な連携が必須となってきている。
在宅支援には,スムーズに行える要素を考慮し,介護保険制度の理解が重要である。呼吸器終末期患者は病状が急激に変化することが多いため,早期から調整することが必要である。
「KEY WORDS」在宅支援,介護力,緩和ケア病棟


※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

【PR広告】

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す