category13.gif


特集 近未来の呼吸器疾患治療

肺感染症の課題克服を目指した治療―肺炎を中心に―
Therapeutic strategy for overcoming the problems of respiratory infection - focus on pneumonia

THE LUNG perspectives Vol.24 No.2, 47-50, 2016

鳥羽聡史門田淳一

「Summary」肺炎診療は複雑かつ多様化した社会を背景に変革を求められてきている。その理由の1つに耐性菌の増加がある。今までのように抗菌薬が次々と開発される時代が終わりつつあり,いかに耐性菌を生み出さない医療を構築するか,すなわちantimicrobial stewardship programの重要性が増してきている。2つ目の理由として超高齢社会の問題が挙げられる。わが国で多数を占める医療・介護関連肺炎(NHCAP)では,家族の意向,社会背景なども考慮した治療選択が推奨される。肺炎で寿命を迎えることが不思議でない時代となり,健康寿命や予防医療の考え方をわが国全体の問題として発信していく必要がある。
「Key words」antimicrobial stewardship program(ASP),超高齢社会,nursing and healthcare associated pneumonia(NHCAP),予防医療


※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

【PR広告】

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す