category13.gif


EBM Hot Flash

「LEADER」

CARDIAC PRACTICE Vol.28 No.1, 75-77, 2017

高橋友乃小田原雅人

現在インクレチン関連薬には,dipeptidyl peptidase-4(DPP-4)阻害薬とGlucagon-like peptide-1 receptor agonist(GLP-1RA)がある。米国のFood and Drug Administration(FDA)は,新しい糖尿病治療薬の認可に際し,2008年より心血管アウトカムをエンドポイントとした大規模臨床試験を義務化した。DPP-4阻害薬については,Examination of cardiovascular outcomes with alogliptin versus standard of care(EXAMINE)1),Saxagliptin assessment of vascular outcomes recorded in patients with diabetes mellitus(SAVOR-TIMI 53)2),Trial evaluating cardiovascular outcomes with sitagliptin(TECOS)3)が行われ,プラセボに対しいずれも非劣性が示された。2016年の米国糖尿病学会(American Diabetes Association:ADA)においてリラグルチドを用いたLiraglutide effect and action in diabetes: Evaluation of cardiovascular outcome results(LEADER)試験4)が発表され,心血管リスクに対してインクレチン薬初の優越性が示された。LEADER試験では,リラグルチド最大1.8mgの投与量であり,わが国の最大許容量は0.9mgである。


※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

【PR広告】

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す