category13.gif


特集 糖尿病と肝臓

NASH/NAFLD・肝癌マネージメント ①肝臓専門医の立場から

Diabetes Frontier Vol.28 No.6, 685-691, 2017

角田圭雄岡上武熊田卓米田政志

非アルコール性脂肪性肝疾患(nonalcoholic fatty liver disease:NAFLD)は肝疾患死亡リスクの高い非アルコール性脂肪肝炎(nonalcoholic steatohepatitis:NASH)を10~20%含み,NASHは肝疾患関連死や肝移植の主因となりつつある。一方,成人の4人に1人が罹患するNAFLD全例に肝癌のサーベイランスを行うことは医療経済的に非効率であり,高リスク症例を効率的に拾い上げることが重要である。治療に関しては生活習慣の改善以外に確立された治療法はないが,NASHでは糖尿病合併例が多く,体重減少作用を有する新規抗糖尿病薬(SGLT2阻害薬やGLP-1受容体作動薬)や今後登場する新規の選択的PPARαモデュレーター(SPPAMα)への期待が大きい。本稿ではこれら薬剤への期待と今後のNASH治療薬のパイプラインについても解説し,NAFLD/NASHのマネージメントについて肝臓専門医の立場から考えたい。
「KEY WORDS」肝生検/肝線維化/肝発癌/NASH/PNPLA3


※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

【PR広告】

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す