category13.gif


特集 骨免疫学の進歩が変える骨関節疾患アプローチ

Ⅰ.免疫細胞と骨代謝 2.免疫細胞による骨代謝制御:T細胞の新たな役割

THE BONE Vol.31 No.2, 29-33, 2017

寺内公一

閉経後骨粗鬆症発症機序への免疫系の関与については,これまでに多くの研究結果が蓄積されてきた.なかでもT細胞から産生される炎症性サイトカインの役割を重視する「T細胞仮説」は,その後さらに周辺領域へと発展している.本稿では,過去10年間に展開された副甲状腺ホルモンによる骨代謝制御─持続的投与による骨異化作用と間歇的投与による骨同化作用─へのT細胞の寄与に関する研究の進歩について,概説する.
「KEY WORDS」副甲状腺ホルモン,PTH,TNFα,Th17,IL-17,Wnt10b,スクレロスチン


※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

【PR広告】

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す