category13.gif


MEDICAL EYE

ミノドロネートの骨組織分布および破骨細胞に対する作用

THE BONE Vol.30 No.4, 3-7, 2016

本郷裕美佐々木宗輝長谷川智香坪井香奈子網塚憲生

ミノドロネートはわが国で開発されたビスホスホネートであり,月1回経口製剤として骨粗鬆症患者に用いられている.ミノドロネートは,1回の投与で効果が持続すること,また,酸性環境下ではハイドロキシアパタイトとの結合性が低いことが報告されている1).そこで筆者らは,マウスにミノドロネートを投与後,破骨細胞や骨芽細胞の状態を組織化学的に検索するとともに,骨組織におけるミノドロネートの局在について同位体顕微鏡を用いて観察した2).


※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

【PR広告】

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す