• blog - M-Review Highlight 新刊アイ

患者さんの吸入療法をサポートするために

[新刊アイ] 投稿日時:2018/07/11(水) 17:00

M-Review Hightlight
新刊アイ

No.61 2018.07.11 発行:株式会社メディカルレビュー社

患者さんの吸入療法をサポートするために

「新刊アイ」では、“先生のコメントから読み解く新規刊行物の魅力”をお伝えいたします。
今号では、吸入薬の取扱い方法から患者さんへの吸入指導方法まで、実践的なノウハウが満載の1冊『すべての医療者のための明日からできる実践吸入指導 改訂第3版―指導から支援へ―』のご紹介です。

目次
新刊案内『すべての医療者のための明日からできる実践吸入指導
 改訂第3版―指導から支援へ―』
高齢者喘息の臨床的特徴
ACOの治療について
心疾患患者に潜在するCOPDの診断と治療

新刊案内

『すべての医療者のための明日からできる実践吸入指導
 改訂第3版―指導から支援へ―』

発売日 : 2018年6月8日
監 修 : 駒瀬裕子(こませ ゆうこ)
所 属 : 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院呼吸器内科部長/
聖マリアンナ医科大学呼吸器・感染症内科教授/
特定非営利活動法人 吸入療法のステップアップをめざす会代表理事
編 集 : 横浜市旭区瀬谷区薬剤師会/
特定非営利活動法人 吸入療法のステップアップをめざす会
 
すべての医療者のための明日からできる実践吸入指導 改訂第3版―指導から支援へ―

吸入指導は医師と薬剤師が行うものという意識から、ここ数年、看護師、理学療法士、言語療法士、そして何よりも患者さん自身が吸入療法の主役という考え方に変わってきました。患者さん自身が自分の疾患についてしっかりと理解し、吸入療法をなぜ継続して行わなければならないかということをわかってくださること、これが『吸入療法は途中でやめてしまう人が多い』という過去に対する回答になるのではないかと思います。その意味で、今回から吸入支援という言葉を使うことにしました。
吸入支援は、実はとても楽しいのですが、システムづくりから多くの職種への連絡、講習会の実施などとても大変です。時には大変で心が折れそうになることもあります。しかし、全国の仲間、自分以外の職種と連携をすることで、新たな発見があり、たくさんの知恵が結集され、思いも寄らなかった発展があります。
吸入支援は、実は患者さんの支援だけではなく、我々医療者自身の支援でもあることに気づきました。
ぜひ、地域から全国の仲間とつながり、楽しく吸入支援を行いましょう。
(「はじめに」より抜粋)

詳細はこちら

ピックアップ
高齢者喘息の臨床的特徴

喘息・アレルギー Vol.30 No.2, 12-15, 2017
横山彰仁

わが国は著しい高齢化が進行しており、高齢者喘息も増加している。加齢による身体機能低下と併存症により、高齢者喘息は重症化しやすい。併存症は加齢とともに多くなり(多病性)、特に心不全やCOPDとのオーバーラップ(ACO)など診断・治療に影響し、またβ2刺激薬や抗コリン薬などが使いにくいことがある。多病性による与薬数の増加による薬物相互作用および加齢に伴う薬物動態の変化(血中濃度上昇)により、薬剤の副作用が起こりやすくなる。さらに、吸入や発作時の自己対処法の理解が難しい場合があり、治療が困難になりやすい。ただし、加齢変化や併存症は個々人で大きく異なり(多様性)、個別的な対応が求められる。

記事を読む

ピックアップ
ACOの治療について

Pharma Medica Vol.35 No.7, 41-45, 2017
折茂真実 ほか

ACO(Asthma-COPD Overlap、ACOS;Asthma-COPD Overlap Syndrome)はGINA(Global Initiative for Asthma)/GOLD(Global Initiative for Chronic Obstructive Lung Disease)合同委員会より、気管支喘息と慢性閉塞性肺疾患(chronic obstructive pulmonary disease;COPD)の両者の特徴をもち、持続性の気流閉塞を有する症候群と定義され、近年病態の研究が進められている。これまで気管支喘息とCOPDは異なる疾患として考えられていたため、ACOを独立して扱った無作為的臨床試験は存在せず、明確なエビデンスが存在しないのが現状である。ACOは気管支喘息とCOPD双方の特徴をもつとされており、まず気管支喘息とCOPDおのおのの薬物治療についてガイドラインを中心に解説する。

記事を読む

ピックアップ
心疾患患者に潜在するCOPDの診断と治療

CARDIAC PRACTICE Vol.28 No.1, 43-50, 2017
佐田誠

慢性閉塞性肺疾患(chronic obstructive pulmonary disease:COPD)は全身性炎症性疾患ともいわれ、肺で生じた炎症が全身に波及し、種々の臓器にさまざまな併存症を有する全身性疾患として捉えられている。COPD併存症のなかで最も重要で、最も高頻度とされているのが心血管系疾患であるが、慢性心不全や虚血性心疾患との臨床症状の類似点も多く、お互いを見落とすことも少なくない。近年、気管支拡張薬が心血管系疾患の病態を、βブロッカーがCOPDの病態を改善させる可能性が指摘されており、COPDの新しい治療戦略を確立すべく新たな臨床試験も始まっている。
本稿では、COPDと心血管系疾患に関する種々のエビデンスを紹介するとともに、心血管系疾患併存COPDの治療戦略における今後の方向性について概説する。

記事を読む

学会カレンダー

M-Reviewサイトアドバイザーの先生方よりご紹介いただいた注目の学会・研究会などをご紹介します。
※名前をクリックすると、M-Reviewに掲載されている先生の記事を読むことができます。

会期 学会名/会長 主会場
7/27~7/28 27 日本Cell Death学会年会
的場聖明
京都
京都府立医科大学 図書館ホール
7/28~7/29 24 SST全国経験交流ワークショップ in 東京
安西信雄
東京
帝京平成大学 池袋キャンパス
8/3~8/4 21 日本高齢消化器病学会
藤本一眞
佐賀
ホテルグランデはがくれ佐賀
8/3~8/4 23 日本病態プロテアーゼ学会学術集会
北村健一郎
甲府
ベルクラシック甲府
8/4~8/5 9 日本脳血管・認知症学会学術大会(VAS-COG Japan 2018)
松原悦朗/浦上克哉
別府
B-Con Plaza 別府国際コンベンションセンター
8/4~8/5 36 日本美容皮膚科学会総会・学術大会
尾見徳弥
東京
東京国際フォーラム
8/16~8/18 60 日本平滑筋学会総会
中田浩二
東京
東京慈恵会医科大学 1号館講堂

Editor's eye

先日の西日本を中心に発生した記録的な大雨(平成30年7月豪雨)により、亡くなられた方々に謹んでお悔やみ申し上げますとともに、被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。被災地域の一日も早い復旧・復興を願っております。
西日本の天気はしばらく晴れるそうですが、最高気温が30度を超える日が続くとのことですので、お体には十分お気をつけください。

国土交通省や地方自治体のサイトで、ハザードマップや家庭でできる浸水対策などの集中豪雨に備えるための情報が掲載されています。これから台風が発生しやすい時期になりますので、一度確認してみてはいかがでしょうか。
また、昨年から警視庁災害対策課の公式Twitterで配信される非常時に役立つ豆知識が注目を集めているそうです。

これから夏本番。全国的に暑い日が続いています。 熱中症や夏バテに注意してお過ごしください。

編集部S
  • このメールは「新刊アイ」に登録されているM-Square会員の方にお送りしています。
  • このメールは送信専用メールアドレスから配信しています。このままご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください。
  • 「新刊アイ」配信先の変更は、メールアドレス変更フォームからお願いします。
  • 内容・記事に対するお問い合わせは、お問い合わせフォームからご連絡ください。
  • メールマガジン配信・停止の設定は、こちらより行ってください。
Copyright(c) 2012-2018 Medical Review Co., Ltd. All Rights Reserved.

他科医から訊かれる この皮膚病はなに?/エビデンスに基づいた癌化学療法ハンドブック2018

[新刊アイ] 投稿日時:2018/06/22(金) 17:00

M-Review Hightlight
新刊アイ

No.60 2018.06.22 発行:株式会社メディカルレビュー社

他科医から訊かれる この皮膚病はなに?/
エビデンスに基づいた癌化学療法ハンドブック2018

「新刊アイ」では、“先生のコメントから読み解く新規刊行物の魅力”をお伝えいたします。
今号では、皮膚科フォトクリニックシリーズの第三弾、皮膚病診療で役立つ知識が満載の1冊『他科医から訊かれる この皮膚病はなに?』、治療レジメンとともに治療成績や主な副作用と対策について解説した『エビデンスに基づいた癌化学療法ハンドブック2018』のご紹介です。

目次
新刊案内『他科医から訊かれる この皮膚病はなに?』
シミの診断とメカニズム
新刊案内『エビデンスに基づいた癌化学療法ハンドブック2018』
医療経済からみた肺癌治療薬

新刊案内

『他科医から訊かれる この皮膚病はなに?』

発行日 : 2018年6月8日
編 集 : 宮地良樹(みやち よしき)
所 属 : 京都大学名誉教授
宮地良樹
他科医から訊かれる この皮膚病はなに?

ご略歴(宮地先生)
1951年 静岡県出身。
静岡県立静岡高等学校卒業後、1977年 京都大学医学部卒業。天理よろづ相談所病院内科レジデントを経て京都大学医学部皮膚科学教室入局。米国留学ではリウマチ学専攻。京都大学医学部皮膚科学講師、病棟医長を経て、1992年より群馬大学医学部皮膚科学教授。1998年より京都大学大学院医学研究科皮膚科学教授。2014年 京都大学名誉教授、滋賀県立成人病センター(現 滋賀県立総合病院)病院長。2017年 同院総長兼務。2018年 静岡県立総合病院参与、NPO法人皮膚の健康研究機構理事長。
専門は皮膚アレルギー炎症、皮膚疾患と活性酸素、紫外線生物学、皮膚の老化、褥瘡など。

本書の発刊に際し、編集いただいた宮地先生にお話をうかがいました。

――本書のご紹介をお願いいたします。
皮膚科では「一瞥でわかる皮膚病」がたくさんあります。実地医家の先生方は患者さんからも「これなんでしょう?」とよく聞かれると思います。それに即座に答えられることで患者さんからの評価が高まるはずです。そんなsnap diagnosisが可能な皮膚病を簡潔に説明したのが本書です。

――本書を編集される中で意識したことはございますか?
「こんなに典型的で特徴が揃っているのになぜ診断がつかないのかなあ?」と素朴に思ったことが一度ならずあります。そのあたりを「どこに目をつければいいのか」「紛らわしいのはどこ?」という視点で執筆をお願いしました。まさに「目から鱗」の内容で編集者の私自身が期待していた通りの充実した内容になりました。

――読者の先生方にメッセージをお願いいたします。
本書では、「一発診断できる皮膚腫瘍」「どうも典型例ではないみたい」「知っておくと鼻高々」の三つのジャンルに分類してビジュアルな写真を中心に簡潔かつ実践的なフォトクリニックを目指しました。写真が多く文章が簡潔な箇条書きですので、一気に読めると思います。「この本に目を通しているのといないのとでは皮膚病診療の質に大きな差が出る」といわれるような診療の差が出ればうれしい限りです。

詳細はこちら

ピックアップ
シミの診断とメカニズム

Bella Pelle Vol.2 No.1, 16-19, 2017
船坂陽子

一般にシミと呼称される疾患で、高い頻度でみられるのが老人性色素斑である。老化と慢性の日光曝露が要因となる。雀卵斑は日光曝露に反応して小色素斑が生じやすい遺伝的な素因を有す皮膚にできる。肝斑は日光曝露に加え、女性ホルモンの影響を受けて増悪する。免疫組織学的検討より、以前肝斑の真皮型と言われていたものは後天性真皮メラノサイトーシス(ADM、あるいは両側性太田母斑様色素斑)であると考えられている。これら色素斑の特徴およびそのメカニズムについて概説する。

記事を読む

新刊案内

『エビデンスに基づいた癌化学療法ハンドブック2018』

発行日 : 2018年6月10日
総監修 : 大津敦(おおつ あつし)
所 属 : 国立がん研究センター東病院 病院長
 
エビデンスに基づいた癌化学療法ハンドブック2018

ご略歴(大津先生)
1983年 東北大学医学部卒業、1983年 いわき市立総合磐城共立病院内科研修医、1986年 国立がんセンター病院内科レジデント、1992年 国立がんセンター東病院内視鏡部消化器科医員、1992年 東北大学医学博士取得、1997年7~9月 米国MD Anderson Cancer Centerにて研修、2001~2008年 国立がんセンター東病院内視鏡部消化器科医長・治験管理室室長(併任)、内視鏡部長、通院治療部長、臨床開発センター長、2012年 国立がん研究センター早期・探索臨床研究センター長/同センター東病院臨床開発センター長、2015年~2016年 国立がん研究センター先端医療開発センター長、2015年より現職。

総監修の大津先生より、本書発刊に際して(「序」より抜粋)

国民の二人に一人ががんに罹患する時代において、まさに日進月歩で進歩するがん治療において、適切な治療を安全に遂行することに国民からの期待も大きい。飛躍的な治療成績の向上とともに複雑化・高度化するがん薬物療法に対して多くの医療者の皆様方が積極的に知識や技量の向上に努め、がん患者さんに良質な医療を提供できるように願ってやまない。
本書は2004年の初版から改訂第5版を迎える。大幅な薬物療法の進歩により本版では250を超えるレジメン数までに至っている。それぞれの領域の第一線でご活躍されているご多忙な先生方にご執筆をお願いさせていただいたが、チーム医療の重要性からコメディカルスタッフにも活用されやすいように簡潔で見やすい記載や図表を意識して作成をいただいた。本書が最前線で日々がん患者さんと向き合っている医療者の皆様方の薬物療法実践に少しでもお役に立てば望外の喜びである。

詳細はこちら

ピックアップ
医療経済からみた肺癌治療薬

THE LUNG perspectives Vol.25 No.3, 55-59, 2017
武内進 ほか

肺癌は癌死の第1位であり、今後も増加が予測されている。非小細胞肺癌(NSCLC)ⅠA期以外は薬物療法が標準治療に組み込まれている。細胞障害性抗がん剤や分子標的薬、免疫チェックポイント阻害薬などの高額な薬剤が登場し、費用対効果の評価は社会的に重要である。バイオマーカーの確立、至適用量の再評価が今後の課題である。適切なバイオマーカーが存在しない薬剤では、患者の臨床背景をもとに薬剤選択を行う。コストを考慮した場合に、診療施設にインセンティブになるような政策誘導、費用対効果評価を薬価決定に導入するとともに、製造販売後に真の有効性を評価した薬価改訂などが必要と考えられる。受動喫煙防止を含めた喫煙対策が最も費用対効果が高い政策である。

記事を読む

学会カレンダー

M-Reviewサイトアドバイザーの先生方よりご紹介いただいた注目の学会・研究会などをご紹介します。
※名前をクリックすると、M-Reviewに掲載されている先生の記事を読むことができます。

会期 学会名/会長 主会場
6/29~6/30 27 日本脳ドック学会総会
小笠原邦昭
盛岡
いわて県民情報交流センター(アイーナ)
6/29~7/1 63 日本透析医学会学術集会・総会
中西健
神戸
神戸国際会議場 他
7/5~7/6 24 日本血管内治療学会学術総会
坂井信幸
神戸
神戸国際会議場
7/5~7/7 12 パーキンソン病・運動障害疾患コングレス
髙橋良輔
京都
ハイアットリージェンシー京都
7/12~7/14 50 日本動脈硬化学会総会・学術集会
山下静也
大阪
大阪国際会議場 他
7/19~7/21 52 日本ペインクリニック学会大会
井関雅子
東京
グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミール
7/20~7/21 49 日本職業・環境アレルギー学会総会・学術大会
中村陽一
横浜
横浜シンポジア

Editor's eye

6月18日(月)に発生した大阪府北部の地震。
被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。 まだ余震には注意が必要との事ですので、気を付けてお過ごし下さい。

世界的に見ても、日本は地震が多い国です。 海外のサイトで近年の「地震の多い国ランキング」が公開されており、日本は2位になっています。 ちなみに記録に残る日本史上最初の地震は、416年8月22日に現在の奈良県で発生したといわれています。

内閣府のwebサイト内にある「防災情報のページ」で、南海トラフ巨大地震や首都直下地震が発生した際のシミュレーションや被害想定、事前の対策をまとめた映像を試聴することが出来ます。
どちらの地震も30年以内に発生する確率が高いと言われています。 その為にも、何が起こり得るのかを事前に理解することは重要ですよね。

大阪府北部の地震の前日には群馬県南部でも強い地震が発生しています。
今一度、非常時の対策を確認してみてはいかがでしょうか。

編集部S
  • このメールは「新刊アイ」に登録されているM-Square会員の方にお送りしています。
  • このメールは送信専用メールアドレスから配信しています。このままご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください。
  • 「新刊アイ」配信先の変更は、メールアドレス変更フォームからお願いします。
  • 内容・記事に対するお問い合わせは、お問い合わせフォームからご連絡ください。
  • メールマガジン配信・停止の設定は、こちらより行ってください。
Copyright(c) 2012-2018 Medical Review Co., Ltd. All Rights Reserved.

超高齢社会に向けて学んでおきたい「高齢者医療」

[新刊アイ] 投稿日時:2018/05/25(金) 17:00

M-Review Hightlight
新刊アイ

No.59 2018.05.25 発行:株式会社メディカルレビュー社

超高齢社会に向けて学んでおきたい「高齢者医療」

「新刊アイ」では、“先生のコメントから読み解く新規刊行物の魅力”をお伝えいたします。
今号では、高齢者への処方に関する知見とともに、高齢者に多くみられる疾患を医師と薬剤師がそれぞれの視点で解説した『老年薬学ハンドブック』のご紹介です。

目次
新刊案内『老年薬学ハンドブック』
心疾患と認知症―循環器の立場から―
栄養とフレイル
高齢者の多剤併用における処方整理の考え方
―運動器慢性疼痛に対する鎮痛薬の処方整理を踏まえて―

新刊案内

『老年薬学ハンドブック』

発行日 : 2018年5月10日
編 集 : 日本老年薬学会
 
老年薬学ハンドブック

日本老年薬学会の編集により、高齢期に起こる変化や疾患について、薬学的なアプローチを理解する一冊。『高齢者の安全な薬物治療ガイドライン2015』(日本老年医学会 編)の考え方に基づき、多職種・地域で実践するためのエッセンスを集め、高齢者の薬物治療の適正化に向けて制作された。
ある年齢になれば発症して当たり前と考えられた症状が、実は薬の副作用だったという事態が知られ、高齢者の生理的特徴に基づく病態の把握と治療戦略が新たに必要になってきた。100歳を超える人は6万人を超え、常時20種類を超える薬を使用する方も少なくない状況下で「ポリファーマシー」や「フレイル」といった高齢者の健康や医療は、高齢者自身のみならず国家的関心事である。

詳細はこちら

ピックアップ
心疾患と認知症―循環器の立場から―

Cardio-Coagulation Vol.4 No.1, 27-32, 2017
池田義之 ほか

近年の人口の高齢化に伴い、認知症をはじめとした加齢性疾患の発症が増加している。さまざまな臨床研究により、認知症が心血管疾患、とりわけ高血圧というごく一般的な循環器疾患と関連があることが示されてきている。国内外の複数の研究により中年期高血圧がその後の認知症発症に関係することが明らかになっていることから、中年期からの血圧管理の重要性が注目されており、今後認知機能改善や認知症発症をエンドポイントとした降圧療法に関する大規模臨床試験が待たれる。

記事を読む

ピックアップ
栄養とフレイル

WHITE Vol.5 No.2, 17-23, 2017
大塚礼

フレイルは高齢期に生理的予備能が低下することでストレスに対する脆弱性が亢進し、転倒、ADL低下、要介護状態、死亡などの転帰に陥りやすい状態を指す。また最近では、このような身体的問題に加えて、認知機能障害やうつなどの精神・心理的問題、独居や経済的困窮などの社会的問題を含む包括的な概念とされている。
フレイルの成因や悪化要因には低栄養が介在すると考えられている。本稿では高齢期にきたしやすい低栄養のリスク要因を概説するとともに、先行研究やわれわれのコホート研究の解析結果を踏まえながら、栄養とフレイルの関連について考察する。

記事を読む

ピックアップ
高齢者の多剤併用における処方整理の考え方
―運動器慢性疼痛に対する鎮痛薬の処方整理を踏まえて―

Locomotive Pain Frontier Vol.5 No.2, 52-57, 2016
金子英司

多くの高齢者は複数の疾患を抱えており、各診療科を受診することでポリファーマシー(以下、多剤併用)に至るため、薬の飲み忘れ・飲み間違い、重複処方、薬物相互作用などによる有害事象のリスク増大という問題に直面することも少なくない。そこで、高齢者の多剤併用にともなう問題の解決に向けて、服薬アドヒアランス、製剤的特徴、エビデンスと各種情報からみた処方整理の考え方、さらに主な疾患別にみた処方整理の考え方を以下に示した。また、運動器慢性疼痛を抱える高齢者に対して鎮痛薬の処方整理を行う上での考え方を示し、最後に処方整理を適正に行うための対応についてまとめた。

記事を読む

学会カレンダー

M-Reviewサイトアドバイザーの先生方よりご紹介いただいた注目の学会・研究会などをご紹介します。
※名前をクリックすると、M-Reviewに掲載されている先生の記事を読むことができます。

会期 学会名/会長 主会場
6/7~6/9 30 日本肝胆膵外科学会学術集会
遠藤格
横浜
パシフィコ横浜
6/7~6/9 28 抗ウイルス療法学会学術集会・総会
坂本直哉
札幌
北海道大学医学部学友会館フラテ大ホール
6/8~6/10 91 日本超音波医学会学術集会
中谷敏
神戸
神戸国際会議場 他
6/14~6/15 54 日本肝臓学会総会
西口修平
大阪
大阪国際会議場 他
6/14~6/16 10 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(JOSKAS2018)
宗田大
福岡
福岡国際会議場 他
6/15~6/16 28 日本産婦人科・新生児血液学会学術集会
鮫島浩
宮崎
シーガイアコンベンションセンター
6/16~6/17 9 日本プライマリ・ケア連合学会学術大会
竹村洋典

三重県総合文化センター 他
6/21~6/23 38 日本骨形態計測学会
稲葉雅章
大阪
大阪国際交流センター

Editor's eye

サッカーW杯の開催まで、1ヵ月を切りました。
海外の代表メンバー情報が発表されつつありますが、日本の代表メンバーは5月31日に発表されます。 本大会は、日本時間の夜遅くから未明に開始される試合が多いので、サッカー好きの方は睡眠不足に気を付けて下さいね。

サッカーにまつわる話をもう1つ。
日本のプロサッカーリーグ、通称「Jリーグ」は今年で開幕25周年を迎えました。 1993年5月15日に国立競技場で行われたヴェルディ川崎と横浜マリノスの試合が開幕戦となりました。 この原点の日をいつまでも記憶していて欲しいとの願いを込めて、開幕20周年の2013年に5月15日を「Jリーグの日」と制定しています。
開幕初年のクラブ数は10、年間入場者数が約412万人でしたが、2017年にはクラブ数が54、年間入場者数は約1,079万人と大きな進化を遂げています。
Jリーグでは「地域に根差したスポーツクラブ」を目指し、その地域社会と一体となったクラブづくりを行いながらサッカーの普及、振興に努めています。 そのため、地域を代表する意味を込めて、チームの呼称を「地域名+愛称」としているそうです。
チーム名の由来を調べてみるとユニークなものが多いので、検索してみてください。

編集部S
  • このメールは「新刊アイ」に登録されているM-Square会員の方にお送りしています。
  • このメールは送信専用メールアドレスから配信しています。このままご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください。
  • 「新刊アイ」配信先の変更は、メールアドレス変更フォームからお願いします。
  • 内容・記事に対するお問い合わせは、お問い合わせフォームからご連絡ください。
  • メールマガジン配信・停止の設定は、こちらより行ってください。
Copyright(c) 2012-2018 Medical Review Co., Ltd. All Rights Reserved.

今すぐ知りたい最新の皮膚科学

[新刊アイ] 投稿日時:2018/04/25(水) 17:00

M-Review Hightlight
新刊アイ

No.58 2018.04.25 発行:株式会社メディカルレビュー社

今すぐ知りたい最新の皮膚科学

「新刊アイ」では、“先生のコメントから読み解く新規刊行物の魅力”をお伝えいたします。
今号では、皮膚科学の基礎・臨床から皮膚科診療まで、皮膚科医が知っておきたい最新の動向を見開き完結スタイルでわかりやすくまとめた『WHAT'S NEW in 皮膚科学 2018-2019』のご紹介です。

目次
新刊案内『WHAT'S NEW in 皮膚科学 2018-2019』
アトピー性皮膚炎治療の新展開
抗体でみる鑑別診断
皮膚科的診断と治療

新刊案内

『WHAT'S NEW in 皮膚科学 2018-2019』

発行日 : 2018年4月16日
編 集 : 宮地良樹(みやち よしき)
所 属 : 京都大学名誉教授
編 集 : 常深祐一郎(つねみ ゆういちろう)
所 属 : 東京女子医科大学皮膚科准教授
常深祐一郎
WHAT’S NEW in 皮膚科学 2018-2019

ご略歴(常深先生)
1999年3月 東京大学医学部医学科卒業、1999年5月 東京大学医学部附属病院皮膚科研修医、2000年5月 国立国際医療センター皮膚科研修医、2001年4月~2005年3月 東京大学大学院医学系研究科学位取得、2005年4月~2010年3月 東京大学医学部皮膚科医員、助手、助教、2010年4月 東京女子医科大学皮膚科講師、2014年3月 東京女子医科大学皮膚科准教授。
専門領域:皮膚真菌症、乾癬、アトピー性皮膚炎、角化症、抗酸菌感染症、疥癬

本書の発刊に際し、編集の常深先生にお話をうかがいました。

――本書のご紹介をお願いいたします。
『WHAT'S NEW in 皮膚科学 2018-2019』はその名の通り、皮膚科学を取り巻く最新情報をコンパクトにギュッと濃縮して、最前線を俯瞰することができる書籍です。序文でも書きましたが、各記事がほどよい分量になっていますので通読することができ、皮膚科学や関連分野の進歩に追いつくことができます。自分で情報を漁っていては決して見つけられないような隅々まで最新情報が網羅されています。皮膚科の診療や皮膚科関連の研究をする際、本書の情報が頭にあれば、強力な武器となります。

――本書を編集されるなかで、苦労されたことはございますか?
当然のことですが、最新の情報を集めなければなりませんから、常にアンテナを張り巡らせて、情報収集をしていました。学会や講演会、雑誌、ネットなどいつも意識してネタをピックアップしました。企画内容が完成するまでは見聞きするもの全てで気が抜けない日々でした。

――本書タイトルの「What's new?」にちなんで、常深先生が最も興味をもたれている最近の皮膚科のトピックを教えてください。
生物学的製剤はどこまで皮膚科を支配するのか? 皮膚科に限らず医学のあらゆる分野で生物学的製剤の進歩は目を見張るものがあります。私自身、乾癬治療に生物学的製剤を用いていますが、その効果は絶大です。それを反映して、本書でも、「アトピー性皮膚炎にもバイオ」「蕁麻疹にもバイオ:オマリズマブによる蕁麻疹治療」「薬剤がどんどん増える! これからの乾癬治療はどうなる?」「メラノーマに対するニボルマブの効果は予測できる?」「抗PD-1抗体薬やBRAF/MEK阻害薬による完全奏効後は治療をやめられるか?」「抗PD-1抗体(ニボルマブ、ペンブロリズマブ)と抗PD-1抗体(ニボルマブ)+抗CTLA-4抗体(イピリムマブ)、どちらを先に使う?」「リツキシマブによる天疱瘡治療」と生物学的製剤関連の話題が盛りだくさんです。

――読者の先生方にメッセージをお願いいたします。
網羅された最新の情報、一流の執筆陣、通読可能な分量、電車の中でも読めるサイズ、無理なく購入できる価格…本書は計算し尽くされています。もう買いたくなりましたね!

詳細はこちら

ピックアップ
アトピー性皮膚炎治療の新展開

喘息・アレルギー Vol.30 No.1, 66-69, 2017
菅谷誠

アトピー性皮膚炎は増悪・寛解を繰り返す、そう痒のある湿疹を主病変とする疾患である。最近になって病態の理解が進み、発症に重要な分子をターゲットにした治療が開発されてきた。IL-4/13受容体、IL-31、IL-12/23p40に対する抗体やJAK阻害薬、転写因子に対するデコイ軟膏などである。また以前から使用されていた抗ヒスタミン薬も、新規薬剤が本邦で使用できるようになり、プロアクティブ療法の普及への新しい展開もみられている。悪化因子の検索、ステロイドとタクロリムス軟膏の外用、保湿薬によるスキンケアといった標準治療を基本としつつ、難治例に対してはこれらの治療が有用な選択肢となろう。

記事を読む

ピックアップ
抗体でみる鑑別診断

皮膚アレルギーフロンティア Vol.15 No.1, 31-36, 2017
松下貴史

膠原病は自己免疫現象を背景に、多臓器障害を特徴とする原因不明の慢性難治性疾患である。膠原病では患者血中に自己抗体が高率に検出され、特定の疾患や臨床症状と密接に相関する。よって自己抗体の同定は、膠原病の鑑別診断ならびに病型分類、経過の予測、治療方針の決定にきわめて有用である。また、一部の自己抗体(抗dsDNA抗体、抗MDA5抗体)は疾患活動性を反映するため、治療効果の判定に有用である。近年、多くの自己抗体がELISA法により簡便に測定できるようになり、膠原病における自己抗体の同定は、日常診療においてさらに重要なものとなってきている。

記事を読む

ピックアップ
皮膚科的診断と治療

Diabetes Frontier Vol.27 No.3, 265-269, 2016
十一英子

糖尿病足病変は「神経障害や末梢血流障害を有する糖尿病患者の下肢に生じる感染、潰瘍、深部組織の破壊性病変」と定義されている。一口に糖尿病足病変といっても、いろいろな病変から進展して発症するため、糖尿病患者にはそれらの病変に対する治療が必要である。実際、胼胝を自分でけずった数日後にそこから感染を起こし、蜂窩織炎や深部感染症になり、下肢切断にまで至るという例はよくある。最近、抗菌剤内服で様子をみられ、受診時にはすでに骨が融解していて下肢切断が避けられない例が増えている。
足病変に限らず皮膚に異変があれば皮膚科を受診するため、糖尿病患者の増加に伴い皮膚科を受診する糖尿病患者も増加している。糖尿病患者の足では、皮膚の乾燥、亀裂、胼胝・鶏眼、足白癬・爪白癬、糖尿病性水疱、低温熱傷などが多い。

記事を読む

学会カレンダー

M-Reviewサイトアドバイザーの先生方よりご紹介いただいた注目の学会・研究会などをご紹介します。
※名前をクリックすると、M-Reviewに掲載されている先生の記事を読むことができます。

会期 学会名/会長 主会場
5/16~5/18 26 日本乳癌学会学術総会
戸井雅和
京都
国立京都国際会館
5/16~5/18 22 日本がん分子標的治療学会学術集会
畠清彦
東京
都市センターホテル
5/17~5/18 71 日本酸化ストレス学会学術集会
内藤裕二
京都
京都ホテルオークラ
5/18 15 糖化ストレス研究会
米井嘉一
東京
東京ビッグサイト
5/20 - 日本透析医会研修セミナー 透析医療におけるCurrent Topics2018
秋澤忠男
東京
御茶ノ水ソラシティ
5/24~5/26 61 日本糖尿病学会年次学術集会
宇都宮一典
東京
東京国際フォーラム 他
5/25~5/27 18 日本抗加齢医学会総会
山田秀和
大阪
大阪国際会議場

Editor's eye

端午の節句(5月5日)の食べ物の1つである柏餅。
端午の節句に柏餅を食べる文化は江戸時代に江戸から始まりました。 その後、大名が江戸と国元を往復する参勤交代により全国に広まったそうです。
柏の木は新芽が育つまでは古い葉が落ちない特性があることから、柏餅は「子孫繁栄」の意味が込められた縁起の良い食べ物とされています。

また、4月~5月は新茶の季節ですね。 立春から数えて88日目の「八十八夜」(毎年5月2日頃)が茶摘みの最盛期になります。 八十八夜に摘まれた新茶を飲むと、一年間、無病息災で過ごせるという言い伝えがあります。
先日、静岡県で行われた今年の新茶の初取引は、1キロ109万円と史上最高値を記録しました。 この高級な新茶の香りと味が気になります。

柏餅と新茶の組み合わせで一息入れるのも良いですね。

編集部S
  • このメールは「新刊アイ」に登録されているM-Square会員の方にお送りしています。
  • このメールは送信専用メールアドレスから配信しています。このままご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください。
  • 「新刊アイ」配信先の変更は、メールアドレス変更フォームからお願いします。
  • 内容・記事に対するお問い合わせは、お問い合わせフォームからご連絡ください。
  • メールマガジン配信・停止の設定は、こちらより行ってください。
Copyright(c) 2012-2018 Medical Review Co., Ltd. All Rights Reserved.

前立腺がん検診ガイドライン 2018年版/大地からの贈り物 サラシア

[新刊アイ] 投稿日時:2018/03/23(金) 17:00

M-Review Hightlight
新刊アイ

No.57 2018.03.23 発行:株式会社メディカルレビュー社

前立腺がん検診ガイドライン 2018年版/大地からの贈り物 サラシア

「新刊アイ」では、“先生のコメントから読み解く新規刊行物の魅力”をお伝えいたします。
今号では、前立腺がん検診の疫学特性、検診発見癌に対する各種治療、検診の利益・不利益など前立腺がん検診の実際について記された『前立腺がん検診ガイドライン 2018年版』、糖尿病予防効果や関節リウマチ、血管病への効果が期待される機能性食品「サラシア」の有効成分や研究事例を解説した『大地からの贈り物 サラシア』のご紹介です。

目次
新刊案内『前立腺がん検診ガイドライン 2018年版』
性ホルモン低下療法に伴う骨粗鬆症
新刊案内『大地からの贈り物 サラシア』
植物製剤・漢方薬が果たす役割とは?

新刊案内

『前立腺がん検診ガイドライン 2018年版』

発行日 : 2018年2月27日
編 集 : 日本泌尿器科学会
 
前立腺がん検診ガイドライン 2018年版

大規模試験により癌死亡率低下効果が明らかとなった前立腺がん検診。
そのガイドラインが8年ぶりに改訂です。

今回のガイドラインは、「前立腺がん検診に携わるすべての医療者・保健行政担当者」を対象としています。泌尿器科のみならず、放射線科、公衆衛生を専門とする作成委員から構成されるメンバーで多面的に作成し、43のクリニカルクエスチョンから構成されています。
本ガイドラインが本邦の前立腺がん検診において受診者、医療者・保健行政担当者、それぞれの皆様の意志決定に寄与することを願っております。
(「改訂にあたって」より一部抜粋)

詳細はこちら

ピックアップ
性ホルモン低下療法に伴う骨粗鬆症

THE BONE Vol.30 No.1, 77-83, 2016
高橋俊二

乳癌および前立腺癌は性ホルモン依存性腫瘍であり、女性ホルモンあるいは男性ホルモン抑制療法が標準治療であるが、その重要な副作用として骨量減少・骨粗鬆症が問題になっている。現在のエビデンスをまとめると、以下の4点である。①乳癌、前立腺癌に対する内分泌療法は有意な骨密度低下を伴う。②乳癌に対するアロマターゼ阻害薬(AI)については有意な骨折の増加を伴い、前立腺癌に対するアンドロゲン除去療法(ADT)についても骨折の増加を伴う可能性が高い。③乳癌内分泌療法中の患者にビスホスホネートおよびデノスマブを投与することにより骨量は増加する。前立腺癌に対するADT中の患者ではビスホスホネート、デノスマブ、SERM(ラロキシフェン、トレミフェン)の投与により骨量は増加する。④乳癌に対するAI治療中の患者においてビスホスホネートおよびデノスマブが、前立腺癌に対するADT中の患者においてトレミフェンおよびデノスマブが骨折リスクを減少させる。

記事を読む

新刊案内

『大地からの贈り物 サラシア』

発行日 : 2018年2月10日
監 修 : サラシア属植物普及協会
 
大地からの贈り物 サラシア

日本や中国の和漢生薬をはじめ、インドのアーユル・ヴェーダ生薬や中近東のユナニー生薬など世界各地にいろいろな生薬が知られています。生薬は医療に用いられるだけでなく、食品や香粧品、農薬などとしても幅広く利用されており、また、生薬の成分が新しい医薬品または医薬リード化合物として創薬に寄与しております。このように生薬は人類にとって貴重な資産であり“大地からの贈り物”と言えます。
サラシア属植物は熱帯雨林地域に分布し、アーユル・ヴェーダ医学では糖尿病に有効であると伝承されてきました。現地では本植物の太い根や茎をくり抜いて作ったコップに水を入れて毎日飲むことで、糖尿病予防や初期治療が行われていました。
本書は、“サラシア”に関する高度な専門性と最新の学術的内容を包含しておりますので、機能性食品に興味を持たれる産学の研究者や医療関係者の方々に、“サラシア”をご理解して頂くための良き道しるべとなれば幸いです。
(「序文」より一部抜粋)

詳細はこちら

ピックアップ
植物製剤・漢方薬が果たす役割とは?

排尿障害プラクティス Vol.24 No.2, 51-58, 2016
山岸梓 ほか

下部尿路症状(lower urinary tract symptoms;LUTS)の症状は多彩である。前立腺肥大症(benign prostate hyperplasia;BPH)、過活動膀胱(over active bladder;OAB)、慢性前立腺炎などさまざまな疾患にまたがっており、治療の焦点が絞りにくい。症状や患者に合わせて複数の治療薬を組み合わせることが多いが、西洋薬だけでは改善が難しい症状や、副作用のために西洋薬が使いにくい症例もある。植物製剤、漢方薬は会陰部の疼痛や不快感など、西洋薬での改善が難しい症状へも有効性が多く報告され、LUTS患者のQOL改善に大きく寄与している。その上、安全で長期使用にも適している。

記事を読む

学会カレンダー

M-Reviewサイトアドバイザーの先生方よりご紹介いただいた注目の学会・研究会などをご紹介します。
※名前をクリックすると、M-Reviewに掲載されている先生の記事を読むことができます。

会期 学会名/会長 主会場
4/12~4/14 47 日本脊椎脊髄病学会学術集会
中村博亮
神戸
神戸ポートピアホテル 他
4/12~4/15 77 日本医学放射線学会総会
今井裕
横浜
パシフィコ横浜
4/20~4/22 45 日本血液浄化技術学会学術大会・総会
長尾尋智
名古屋
名古屋国際会議場
4/21 36 日本内分泌学会東北支部学術集会
佐藤文俊
仙台
東北大学医学部 星陵オーディトリアム
4/21~4/22 1 日本うつ病リワーク協会年次大会福島大会
佐久間啓
郡山
ビッグパレットふくしま

Editor's eye

富山県の名産物の1つに「ホタルイカ」があります。
ホタルイカは全長約7cmと小さく、青白い光を放つのが特徴です。 3~5月にかけてホタルイカが産卵のために海岸近くに現れるので、この時期の夜の富山湾では青白く光る幻想的な光景が見られます。
富山湾内の一部の海域では「ホタルイカ群遊海面」として海面が国の特別天然記念物に認定されています。
(ホタルイカ自体は天然記念物ではないので、食べることは大丈夫だそうです)

ホタルイカの大群が産卵のために海岸近くに現れる現象は「ホタルイカの身投げ」と言われています。ホタルイカの身投げは新月の夜に発生しやすいとされていますが、波や風の状態など様々な条件が揃わないと見られないそうなので、興味がある方は事前の情報収集をおすすめします。

4~5月の富山湾は蜃気楼が出現しやすいと言われています。
どちらも一度は見てみたい光景ですね。

編集部S
  • このメールは「新刊アイ」に登録されているM-Square会員の方にお送りしています。
  • このメールは送信専用メールアドレスから配信しています。このままご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください。
  • 「新刊アイ」配信先の変更は、メールアドレス変更フォームからお願いします。
  • 内容・記事に対するお問い合わせは、お問い合わせフォームからご連絡ください。
  • メールマガジン配信・停止の設定は、こちらより行ってください。
Copyright(c) 2012-2018 Medical Review Co., Ltd. All Rights Reserved.
«前へ
トップページへ戻る
てんかんの教科書 てんかんに関するさまざまな疑問をわかりやすく解説!
メディカルレビュー社の学会データベース
Diabetes Frontier Online - レクチャー 糖尿病患者の外食
糖尿病領域のオンライン投稿誌 Diabetes Frontier Online
2018年学会カレンダー 学会代表者からのメッセージもございます!
国際学会発表 世界に伝わる情報発信術指南「流れがわかる英語プレゼンテーション How To」 佐藤雅昭・著
COPD Selected Papers Online COPDに関する論文紹介 著名編集委員が厳選した最新の文献をご覧頂けます。
新刊・定期媒体のご紹介・ご購入はこちら メディカルレビュー社 医学書の編集、印刷、出版
メールマガジン「M-Review Highlight」配信中!
 

メディカルレビュー社の医療関係者向け会員制サービス「M-Square」に登録していただくと、これらのメールマガジンをご購読いただけます。

「M-Square」とは?
メールマガジンのご紹介

【PR広告】

目次から記事を探す